スマートフォン表示用の情報をスキップ

現在位置:

【広報資料】ヨーロッパオオヤマネコの来園について

ページ番号288467

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2021年8月23日

広報資料

令和3年8月23日

京都市文化市民局(動物園 電話:771-0210)

ヨーロッパオオヤマネコの来園について

 この度,オーストリア・ウィーン動物園からヨーロッパオオヤマネコ(メス)が来園しますので,下記のとおりお知らせします。

これにより,本園では,「ロキ(オス4歳)」と合わせて計2頭を飼育し,繁殖に取り組んでいくこととなります。

 

                    記

 

1 新たに来園するヨーロッパオオヤマネコ

⑴   愛   称  ※確認中

⑵   性   別  メス

⑶   出生年月日  2020年5月27日生(1歳2箇月)  

ウィーン動物園生まれ

⑷   来 園 日  2021年8月24日(火曜日)

⑸   来園の目的   繁殖を目的としてウィーン動物園から

来園します。

⑹   公 開 日  未定 ※検疫終了後,公開予定

 

 

2 これまでの経過

 ⑴ 京都・パリ友情盟約締結60周年を記念した交流事業として,2018年10月18日に パリ動物園からヨーロッパオオヤマネコ「ロキ(オス)」が来園。

 ⑵ EAZA(ヨーロッパ動物園水族館協会)のヨーロッパオオヤマネコ計画管理者(スイス・チューリッヒ動物園)にメスの受入を相談(2019年2月)。

 ⑶ 2021年5月,ウィーン動物園との間で,メスの寄贈に関する覚書を締結。

 

 

(参考1)ヨーロッパオオヤマネコ(英名 Eurasian Lynx 学名 Lynx lynx

ヨーロッパで最も大きなネコ科動物で,寒冷な気候に適応し,分厚い毛皮で覆われている。フランスでは,20世紀初頭に見られなくなったが,現在は東部の森林地域に見られるようになっている。体重:10~38kg,体長:70~130cm,産子数:1~4頭。

2021年7月31日現在,国内4施設(宇都宮動物園,羽村市動物公園(東京都),王子動物園,京都市動物園)で7頭(オス4頭,メス3頭)が飼育されている。

 

(参考2)ウィーン動物園(別名:シェンブルン動物園)

オーストリアの首都ウィーンの世界遺産「シェンブルン宮殿と庭園群」内に所在。1752年夏に宮殿の小動物園として開園した,世界最古の動物園とされる。

1906年7月14日には世界で初めてゾウの繁殖に成功しており,現在はジャイアントパンダなど700種8500点を飼育展示している。


お問い合わせ先

文化市民局 動物園
電話: 075-771-0210 ファックス: 075-752-1974

フッターナビゲーション