スマートフォン表示用の情報をスキップ

現在位置:

【広報資料】4園館連携ワークショップ「いきもの広場@植物園」の開催について

ページ番号288464

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2021年8月24日

広報資料

令和3年8月24日

文化市民局(動物園 TEL771-0210)

4園館連携ワークショップ「いきもの広場@植物園」の開催について

 京都市動物園・京都市青少年科学センター・京都府立植物園・京都水族館は,かけがえのない自然環境の次世代への継承を目的として,一年を通して様々な交流連携事業を展開しています。

 この度,4園館が連携し,京都府立植物園において,「いきもの広場」を開催しますのでお知らせします。「まもる」をテーマとして,園内の植物にちなんだクイズラリーや,植物と動物とのつながりなどを解説するワークショップを行います。

※ イベントについては,新型コロナウイルス感染症拡大防止対策を十分に講じたうえで開催いたします。なお,今後の新型コロナウイルス感染症の状況によっては,日程等を変更する場合がございます。その際は,速やかにお知らせします。

                                                                             記

1 開催日時

  令和3年10月2日(土曜日) 午前10時~正午

 

2 場所

  京都府立植物園 北山門周辺~植物生態園~つばき園

  (住所)京都市左京区下鴨半木町

 

3 内容

  京都市動物園(動物)・京都市青少年科学センター(昆虫)・京都府立植物園(植物)・京都水族館(水生動物)のスタッフが一同に集い,体験学習を実施します。

 動  物: これまでの連携事業(植物園の剪定枝を動物園の動物の餌として活用)から分かった,植物を食べる動物が好んで食べる樹木について,園内を回って解説します。

 昆  虫: 旅をする美しい蝶,アサギマダラとその食草であるフジバカマの関係について,園内のフジバカマの前で解説します。

 植  物: 植物生態園で「秋の七草」など日本に自生し,絶滅の危機に直面している野草を巡るクイズラリーを行います。正解数に応じてオリジナル缶バッジを作ってお持ち帰りいただけます。

 水生動物: 巣穴から体を出し水中をゆらゆらと漂う姿がユニークな「チンアナゴ」。「激ムズ!チンアナゴ検定」では,動画を見ながら難問クイズに挑戦できます。

 

4 対象

  小学生(保護者同伴 要事前申込み 定員15組30名)

5 参加費

  無料(保護者の植物園への入園料は別途必要)

6 申込方法 

 ⑴ 応募方法 京都市動物園のウェブページ(https://www5.city.kyoto.jp/zoo/)又は,FAX:075-752-1974(京都市動物園)にてお申込みください。

 ⑵ 必要事項 【FAXの場合】

        件名(「いきもの広場」参加)

        参加者の氏名(複数名の場合は全員の氏名)

        代表者の緊急連絡先(電話番号)

 ⑶ 募集期間 令和3年8月24日(火曜日)~令和3年9月20日(月曜日・祝日)

        ※ 申込先着順で,定員に達し次第,受付を終了します。

7 その他

 ⑴ 主催 4園館連携「きょうと☆いのちかがやく博物館」

      (京都市動物園・京都市青少年科学センター・京都府立植物園・京都水族館)

 ⑵ 協力 京都府立大学新自然史科学創生センター

8 備考

  参加される際は,身体的距離の確保,マスクの着用,手洗い等の新型コロナウイルス感染拡大防止対策をお願いします。

  併せて,京都府新型コロナウイルス緊急連絡サービス「こことろ」への登録に御協力ください。

9 問合せ先

  京都市動物園内 4園館連携事務局(電話:075-771-0210)
  ※ 午前9時から午後5時まで。ただし,動物園休園日を除く。

【参考】

「きょうと☆いのちかがやく博物館」4園館包括交流連携協定について

 京都市動物園・京都府立植物園・京都水族館の3園館が,「いのちかがやく」を共通のコンセプトに連携し,次世代に向けた京都の自然環境の継承及び体験・啓発等をハーモナイズアップさせ,地域や社会の活性化に一層貢献していくことを目的に,相談役として山極壽一 京都大学総長(当時)に就任していただき,平成27年3月に「包括交流連携協定」を締結しました。平成28年3月には,「京都市青少年科学センター」が参画し,さらに「京都市生物多様性プラン」を担う環境政策局環境管理課とも協働してワークショップをおこなっています。京都市交通局は,4園館を結ぶ交通手段であり,地球環境にもやさしい市バス・地下鉄を運行していることから,協力団体として,この協定に参加しています。

事業項目

 ⑴ かけがえのない生態系に関する事業連携

 ⑵ 次世代への京都の自然環境の継承及び体験・啓発

 ⑶ 幅広い情報発信と職員交流の推進

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

お寄せいただいたご意見は,今後のホームページ運営の参考とします。

お問い合わせ先

京都市 文化市民局文化芸術都市推進室動物園

電話:075-771-0210

ファックス:075-752-1974

フッターナビゲーション