スマートフォン表示用の情報をスキップ

現在位置:

【広報資料】令和2年度京都市芸術新人賞及び京都市芸術振興賞の被表彰者の決定について

ページ番号279484

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2021年1月13日

広報資料

令和3年1月13日

文化市民局(文化芸術企画課 TEL:075-366-0033)

 京都市では,本市出身者又は本市内において活発な文化芸術活動を行い,全国的にも評価を高め,将来を嘱望される方々に「京都市芸術新人賞」を,また,同じく京都市内で活動を行い,新人の育成又は芸術に係る活動環境の向上に多大の功労があった方々に「京都市芸術振興賞」を授与し,その功績を称えています。

 この度,令和2年度の被表彰者を決定しましたので,お知らせします。

1 被表彰者(敬称略・五十音順)(別紙1参照)

⑴  京都市芸術新人賞(11名)

  稲垣 路子         (洋楽(トランペット))

  井上 舞          (日本画)

  木ノ下 裕一        (演劇(監修・補綴))

  くるり             (音楽)

  contact Gonzo     (現代美術/パフォーマンス)

  谷澤 紗和子        (現代美術)

  柞磨 祥子         (漆芸)

  中野 量太         (映画(監督))

  福田 季生         (日本画)

  森見 登美彦        (文学(小説))

  若木 くるみ         (版画/現代美術)

  

⑵  京都市芸術振興賞(9名)

  市田 ひろみ        (服飾文化)

  梶谷 宣子         (染織)

  喜志 哲雄         (学術(演劇評論))

  木代 喜司         (彫刻)

  白石 孝子         (洋楽(フルート・指揮))

  林 美恵子         (邦楽(柳川三味線))

  山口 富藏         (食文化)

  公益財団法人稲盛財団  (芸術振興(文化全般))

  関西美術院         (芸術振興(美術))

2 その他

 表彰式については,新型コロナウイルス感染症拡大の状況を踏まえ,現在,調整中であり,決定次第お知らせします。

(参考)京都市芸術新人賞及び芸術振興賞について

 本制度は,昭和50年度に創設し,令和元年度までに京都市芸術新人賞として231名の方々を,京都市芸術振興賞として119名の方々を表彰しています。

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

お寄せいただいたご意見は,今後のホームページ運営の参考とします。

お問い合わせ先

京都市 文化市民局文化芸術都市推進室文化芸術企画課

〒604-8006 京都市中京区河原町通御池下る下丸屋町394番地 Y・J・Kビル2階

電話:075-366-0033

ファックス:075-213-3181

フッターナビゲーション