スマートフォン表示用の情報をスキップ

現在位置:

【広報資料】令和2年度 京都市考古資料館合同企画展「よみがえる京都のYayoi-同大生は見た!!-」の開催について

ページ番号277445

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2020年11月17日

【広報資料】

令和2年11月17日

文化市民局(文化芸術都市推進室文化財保護課 電話:075-366-1498)

令和2年度 京都市考古資料館合同企画展「よみがえる京都のYayoi-同大生は見た!!-」の開催について

 この度,京都市,京都市考古資料館,公益財団法人京都市埋蔵文化財研究所,同志社大学歴史資料館,同志社大学考古学研究室及び京都歴史文化施設クラスター実行委員会では,弥生時代の京都盆地で本格的な水稲農耕社会が始まり,それが複雑化していく過程を遺跡調査に基く実態から紹介することをテーマに,合同企画展「よみがえる京都のYayoi -同大生は見た!!-」を下記のとおり開催しますので,お知らせいたします。今回は学生が主体となり,展示・企画・運営を行います。

1 日時

令和2年12月15日(火曜日)~令和3年1月24日(日曜日)

開館時間:午前9時~午後5時(※入館は午後4時30分まで)

休館日:月曜日(祝日の場合は開館,翌平日が休館)及び年末年始(令和2年12月28日(月曜日)~令和3年1月4日(月曜日))

2 場所

京都市考古資料館1階

(上京区今出川通大宮東入元伊佐町265番地の1)

※最寄りのバス停留所「今出川大宮」

3 内容

京都盆地を代表する弥生時代遺跡の調査成果について遺物やパネルを展示し,水稲農耕社会の始まりから,複雑化していく過程を紹介します。

        【遺物】・烏丸綾小路遺跡出土弥生土器・石器

           ・西京極遺跡出土土器・石器・鉄生産関連遺物

           ・梅ヶ畑遺跡出土銅鐸

・長岡京市雲宮遺跡出土土器・石器・木器 など

        【壁面パネル】

・各遺跡の発掘調査写真

・京都盆地の弥生時代遺跡についての解説 など

4 入館料

無料

5 主催

同志社大学歴史資料館,同志社大学考古学研究室,

京都市,京都市考古資料館,公益財団法人京都市埋蔵文化財研究所

京都歴史文化施設クラスター実行委員会

6 問合せ先 

京都市考古資料館 電話:075-432-3245 FAX:075-431-3307

広報資料

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

お寄せいただいたご意見は,今後のホームページ運営の参考とします。

お問い合わせ先

京都市 文化市民局文化芸術都市推進室文化財保護課

〒604-8006 京都市中京区河原町通御池下る下丸屋町394 Y・J・Kビル 2階

電話:075-366-1498

ファックス:075-213-3366

フッターナビゲーション