スマートフォン表示用の情報をスキップ

現在位置:

【広報資料】(京都市動物園)動物園DEサイエンストークの開催について

ページ番号276435

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2020年10月23日

広報資料

令和2年10月23日

京都市文化市民局(動物園 電話:771-0210)

動物園DEサイエンストークの開催について

ツキノワグマをとりまく自然と野生動物

京都市動物園では,「生き物・学び・研究センター パワーアップ事業」として,以下のとおり「動物園DEサイエンストーク」を開催しますので,お知らせします。
参加を御希望の方は申込方法を確認のうえ,御応募ください。皆様の御応募をお待ちしています。

※イベントについては,新型コロナウイルス感染症拡大防止対策を十分に講じたうえで実施いたしま。なお,今後の新型コロナウイルス感染症の状況によっては,日程等を変更する場合がございます。その際は,速やかにお知らせします。 

1 開催日時  
令和2年11月29日(日曜日)
午後2時~午後3時30分

2 場所
京都市動物園 レクチャールーム

3 内容  
テーマ 「ツキノワグマをとりまく自然と野生動物」
講演者 須藤 一成   (株式会社イーグレット・オフィス 代表取締役)
何十キロもある撮影機材を背負いながら野生のツキノワグマを追いかけて撮影された映像作品「ツキノワグマ(知られざる狩人の生態)」を見ていただき,その際の撮影秘話をお話いただきます。
須藤さんは野生動物の魅力を通して,自然の素晴らしさを伝えるべく,滋賀を拠点に撮影活動を続けています。撮影は日本国内にとどまらず,多種多様な猛禽類が生息するアフリカをはじめ,世界の野生動物を対象としています。 著書に,『写真集Golden Eagleイヌワシ』(平凡社),『伊吹山自然観察ガイド』共著(山と渓谷社)など。ビデオ作品に『ブラックイーグル』(DVD),『大空を舞う森の守護神』(NHK),『孤高のハンター イヌワシ』(滋賀県)などがあります。

4 参加費  
無料(入園料は別途必要)

5 定員  
20名(申込先着順)

6 申込方法
(1)応募方法 
メール ikimonomanabi@city.kyoto.lg.jp又はFAX 075-752-1974

(2)必要事項 
件名「動物園 DE サイエンストーク参加希望」
本文に,参加者の氏名(複数名の場合は全員の氏名),電話番号。

(3)募集期間 
令和2年10月27日(火曜日)~令和2年11月27日(金曜日)

7 備考
来園される際は,新型コロナウイルス感染症を予防するため,「新しい生活スタイル」の実践をお願いします。
【感染防止の3つの基本】
(1)身体的距離の確保 (2)マスクの着用 (3)手洗い
併せて,京都市新型コロナあんしん追跡サービスへの登録に御協力をいただきますよう お願いいたします。

8 お問合せ  
京都市動物園 生き物・学び・研究センター(電話:075‐771‐0210)
※午前9時から午後5時まで。ただし動物園休園日を除く。


須藤一成 氏

お問い合わせ先

文化市民局 動物園
電話: 075-771-0210 ファックス: 075-752-1974

フッターナビゲーション