スマートフォン表示用の情報をスキップ

現在位置:

【広報資料】「生命のメッセージ展 in 京都」の開催について

ページ番号276104

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2020年10月16日

広報資料

令和2年10月16日

文化市民局(くらし安全推進部くらし安全推進課 電話222・3193)

「生命(いのち)のメッセージ展in京都」の開催について

 京都市では,「犯罪被害者等支援条例(平成23年4月施行)」に基づき,社会全体で犯罪被害者を支え,安心して暮らせる地域社会の実現を目指して,各種の啓発事業に取り組んでいます。
 この度,啓発事業の一環として,下記のとおり「生命(いのち)のメッセージ展 」を開催しますので,お知らせします。

1 日時

令和2年11月22日(日曜日) 午前10時~午後1時

2 会場

京都テルサ(テルサホールホワイエ)
 (京都市南区東九条下殿田町70番地)
  ※市バス九条車庫前徒歩1分,地下鉄九条駅徒歩約5分

3 内容

 殺人,悪質な交通事犯,いじめ等により理不尽に生命を奪われた犠牲者が主役=メッセンジャーとなり,「未来へつながる命」を守るためのメッセージを伝えるアート展を開催します。  

生命(いのち)のメッセージ展・メッセンジャーについて

 メッセンジャーとは,犠牲者の方の等身大の人型パネルで,生前の写真とメッセージ文を添え,足元に遺品の「靴」(足跡=生きた証)を置いています。生命(いのち)のメッセージ展では,無念にも命を喪い,生きたくても生きられなかった犠牲者がメッセンジャーとなり,「未来につながる命」を守るためのメッセージを伝えます。

※ 例年,生命(いのち)のメッセージ展において開催している遺族講演会については,今年は「生命(いのち)のメッセージ講演」として,京都交通事件被害者の会「古都の翼」代表の小谷(おだに)真樹(まさき)氏のメッセージを,京都ヒューマンフェスタ2020特設サイト(https://kyoto-jinken.net/humanfesta)に,令和2年11月下旬以降に掲載予定です。

4 主催

京都市,京都府,京都府警察本部,NPO法人いのちのミュージアム,公益社団法人京都犯罪被害者支援センター,京都府犯罪被害者支援連絡協議会

広報資料

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

お問い合わせ先

京都市 文化市民局くらし安全推進部くらし安全推進課

電話:075-222-3193

ファックス:075-213-5539

フッターナビゲーション