スマートフォン表示用の情報をスキップ

現在位置:

【広報資料】「親子で体験!京の地蔵盆」の開催について

ページ番号273691

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2020年8月14日

広報資料

令和2年8月14日

文化市民局文化芸術都市推進室文化財保護課(TEL:075-366-1498)

「親子で体験!京の地蔵盆」の開催について

 京都市では,京都に伝わる様々な無形文化遺産を大切に守り,未来に引き継いでいくため,“京都をつなぐ無形文化遺産”を次世代へ継承する取組を進めております。

 この度,次代を担う子どもたちに,「京の地蔵盆」を体験していただくとともに,「京の年中行事」を学んでもらうため,ゼスト御池会と共に「親子で体験!京の地蔵盆」を下記のとおり開催しますのでお知らせします。

 なお,本イベントは新型コロナウイルス感染症の感染防止対策を講じたうえで,開催いたします。

 今年,地蔵盆を開催することができなかった町内会・自治会等の子どもたちも是非,御参加ください。

 

                                    記

 

1 開催概要

 地蔵盆に欠かせないミニ行燈づくりをはじめ,ゼスト御池に祀られているお地蔵さんへのお参りや僧侶の読経,お地蔵さんのお話,またクロスワード体験を通じて京の地蔵盆や京の年中行事を楽しく学びます。

 

2 日時

  令和2年8月22日(土曜日)午後1時~午後4時30分

  ⑴ミニ行燈づくり及びクロスワード体験

   午後1時~午後4時30分 ※ 各体験の最終受付:午後3時30分

  ⑵お地蔵さんへのお参り・僧侶の読経

   午後2時~午後2時15分

  ⑶お地蔵さんのお話

   午後2時15分~午後2時30分

 

3 会場

  ゼスト御池 寺町広場

 

4 参加費

  無料

 

5 主催

  京都市,ゼスト御池会

 

6 協力

  壬生寺(お地蔵さんへのお参り・読経)

  元東山区長 鷲頭雅浩氏(お地蔵さんのお話)

 

7 その他

  本事業は,文化庁の令和2年度伝統文化親子教室事業として開催します。

  また,この事業の一部には宿泊税を充当しています。

 

 

(参考)

 “京都をつなぐ無形文化遺産”

 京都には,時代とともに変容しながらも,世代を越えて暮らしの中で伝えられてきた数多くの無形文化遺産があります。

 それらの価値を再発見,再認識し,内外に魅力を発信するとともに,大切に引き継いでいこうという市民的気運を盛り上げるため,平成25年4月,無形文化遺産を守る京都市独自の仕組み「“京都をつなぐ無形文化遺産”制度」を創設しました。

 これまで,「京の食文化」,「京・花街の文化」,「京の地蔵盆」,「京のきもの文化」,「京の菓子文化」,「京の年中行事」を選定しています。

 

 


広報資料

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

お寄せいただいたご意見は,今後のホームページ運営の参考とします。

お問い合わせ先

京都市 文化市民局文化芸術都市推進室文化財保護課

〒604-8006 京都市中京区河原町通御池下る下丸屋町394 Y・J・Kビル 2階

電話:075-366-1498

ファックス:075-213-3366

フッターナビゲーション