スマートフォン表示用の情報をスキップ

現在位置:

【広報資料】「京都市パートナーシップ宣誓制度」の開始について

ページ番号272923

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2020年8月3日

広報資料

令和2年8月3日

文化市民局共生社会推進室人権文化推進担当 電話:366-0322

「京都市パートナーシップ宣誓制度」の開始について

 京都市では,「京都市人権文化推進計画」に基づき,日々の暮らしの中で互いに違いを認め合い,多様性を尊重する人権文化の息づくまちづくりを,市民の皆様とともに進めています。
 この度,性的少数者の方々が,安心して,暮らし,働き,学び,観光できる環境づくりに向けた取組として,令和2年9月1日から「京都市パートナーシップ宣誓制度」を開始します。
 
この制度により,宣誓された方が自分らしく,いきいきと生活されることを応援するとともに,市民や事業者の皆様の理解と共感の広がりによって,多様性を認め合い,一人一人を包摂する共生社会の実現を目指します。

制度概要

対象者

 互いを人生のパートナーとし,日常の生活において相互に協力し合うことを約した双方又はいずれか一方が,性的少数者である二人

<宣誓できる方=次の要件を全て満たす方>

  • どちらも成年に達していること
  • 少なくとも,いずれか一方が,現に京都市民であること
  • どちらも,現に婚姻していないこと
  • どちらも,現に別の方とパートナーシップを形成していないこと
  • 二人が近親者などでないこと(養子縁組の場合を除く)

宣誓の流れ

ア 宣誓の予約
  原則,宣誓日の7日前までに予約(予約先:文化市民局共生社会推進室)

イ 宣誓書の提出

  • 共生社会推進室において,対象者の要件に適合しているかを確認
  • 要件適合を確認後,宣誓者は「パートナーシップ宣誓書」に署名し提出

ウ 宣誓書受領証等の交付

  • 「パートナーシップ宣誓書受領証」及び「受領証カード」を交付
    ※ 原則即日交付
    ※ 受領証及び受領証カードの裏面に,急病や怪我等で万が一の場合のため,
      パートナーの緊急連絡先の記入欄を設けています。
    ※ 受領証カードは,希望のデザイン(3種から)を選択していただけます。

制度開始日

令和2年9月1日(火曜日)

宣誓日の予約及び受領証等の交付

宣誓日の予約

【受付開始日時】令和2年8月3日(月曜日)午前10時から

【受付時間】平日の午前9時から午後5時まで

【予約方法】電話,FAX又はメールにより受付

  • 電話  075-366-0322
  • FAX  075-366-0139
  • メール jinken@city.kyoto.lg.jp

受領証等の交付

【交付開始日】令和2年9月1日(火曜日)

【宣誓及び交付場所】文化市民局共生社会推進室内の個室

受領証等の交付式の実施

制度開始初日の9月1日(火曜日)には,希望者に市長から直接「宣誓書受領証」の交付を受けていただく交付式を実施します。

【実施日時】令和2年9月1日(火曜日)午後1時30分から(午後2時30分終了予定)

【実施場所】京都市役所北庁舎4階第一応接室

<参加に当たっての留意事項>

  • 交付式への参加を希望の方は,8月24日(月曜日)までに予約してください。
    なお,希望者が,5組を超えるときは抽選させていただく場合がありますので,あらかじめご了承ください。
  • 交付式にはパートナーの方々,京都市の関係者と報道関係者のみ入室できます。
    ※ 交付式を取材される場合は,8月31日(月曜日)午後5時30分までに共生社会推進室へご連絡ください。

啓発のためのライトアップの実施

 性の多様性や性的少数者の方々に関する理解と共感が広がるよう,「京都タワー」と「二条城(東南・西南隅櫓)」を,性の多様性のシンボルカラーである「赤,橙,黄,緑,青,紫」の6色の「レインボーカラー」にライトアップします。

京都タワー

  • 期間 8月31日(月曜日)と9月1日(火曜日)の午後7時から午後8時まで
  • 内容 10分間隔で,「赤⇒橙⇒黄⇒緑⇒青⇒紫」の順で,色が変化していきます。
        また,8月31日(月曜日)の午後6時50分から,京都駅前広場(中央コンコース前)にて,街頭啓発を実施します。

二条城(東南・西南隅櫓)

  • 期間 8月31日(月曜日)から9月2日(水曜日)まで
  • 内容 8月31日(月曜日)は,赤(西南)と橙(東南)に,
        9月 1日(火曜日)は,黄(西南)と緑(東南)に,
        9月 2日(水曜日)は,青(西南)と紫(東南)に,ライトアップします。

「京都市人権文化推進計画」に基づく京都市の取組

 京都市では,これまでから,里親の認定や,市立病院における病状説明,手術同意等に関して,単に性的指向等を理由に制限することなく,柔軟に対応してまいりましたが,受領証等は,生活の様々な場面で,お二人の関係を説明される際に活用いただけます。また,市営住宅の入居申込の時にも,お二人が宣誓したパートナーであることを示すためにお使いいただけます。

 今後も,京都市が率先して取組を進め,民間事業者等への性の多様性の理解と共感を広げ,性的少数者の方々の困難の解消,社会参加の促進につなげてまいります。

今後の取組予定

  • 性的少数者の意見交換や経験の共有,交流などの「場」として,試行的にコミュニティスペースを開設(令和2年10月,12月に1回ずつ(予定))
  • 性の多様性や性的少数者に関する理解を促進するための企業向けのパンフレットを作成(令和2年11月頃配布予定)
  • 性の多様性や性的少数者に関する理解を促進するためのシンポジウムを,公益財団法人 世界人権問題研究センターとの共催で開催(令和3年1月予定)

お問い合わせ先

京都市 文化市民局共生社会推進室人権文化推進担当

〒604-8101 京都市中京区柳馬場通御池下る柳八幡町65 京都朝日ビル8階

電話:075-366-0322

ファックス:075-366-0139

フッターナビゲーション