スマートフォン表示用の情報をスキップ

現在位置:

【広報資料】外国籍市民等への多言語サービスを拡充しました

ページ番号269706

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2020年5月18日

外国籍市民等への多言語サービスの拡充について

 本市では,昨年度に立ち上げました「多文化共生のまちづくり推進プロジェクトチーム」において,誰もが暮らしやすい社会の実現等について検討しています。

 今般の新型コロナウイルス感染症の感染拡大に伴い,本市で暮らす外国籍市民等への多言語対応について,次のとおり拡充しましたのでお知らせします。

1 京都市特別定額給付金コールセンターにおける電話通訳について(新規)

(1)概要:外国籍市民等から電話で相談があった際に,通訳者を介した三者通話を実施

(2)対応言語:13言語

          英語,中国語,韓国・朝鮮語,ポルトガル語,ベトナム語,ネパール語,フィリピン語,

          インドネシア語,スペイン語,ヒンディー語,タイ語,フランス語,ロシア語

(3)利用時間:平日 午前9時~午後6時

          ※京都市特別定額給付金コールセンター応対時間と同じ

【参考】京都市特別定額給付金コールセンター

   ・受付内容:特別定額給付金制度全般(給付対象,給付額等),申請書の記入方法など

   ・電話番号:0570-074-428

2 区役所・支所におけるタブレット端末を活用したテレビ電話通訳について(新規)

(1)概要

    各区役所・支所に1台ずつテレビ電話型翻訳タブレット端末を配備。各種手続や相談において,通訳オペレーターが

   端末画面を通じて対応することにより,外国籍市民等の来庁者と職員の円滑なコミュニケーションを目指します。

(2)対応言語:13言語(京都市特別定額給付金コールセンターと同じ)

(3)利用時間:午前9時30分~正午,午後1時~午後4時

          ※区役所・支所の開庁時間と同じ


   利用イメージ

【参考1】外国籍市民等への新型コロナウイルスに関してよくある問い合わせ一覧について

 暮らしに係る支援内容とその問い合わせ先,対応時間,対応言語,関連サイト等を日本語と英語で記載した一覧表を京都市ホームページに掲載しています。

 「京都市 外国籍の方等の相談」,もしくは次のQRコードから検索してください。


ホームページQRコード

【参考2】京都市国際交流協会による行政通訳相談について

 京都市では,行政窓口に日本語でコミュニケーションをとることが難しい外国籍市民等の方が来庁した場合等に,電話を通じて通訳・相談を行う,行政通訳相談事業を京都市国際交流会館において実施しています。

 電話番号 075-752-1166(京都市国際交流協会 行政通訳相談)

  ・英 語:火曜日・水曜日・木曜日 午前9時~午後5時

  ・中国語:水曜日・金曜日      午前9時~午後5時

(お知らせ)多国籍市民等への多言語サービスの拡充について

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

お寄せいただいたご意見は,今後のホームページ運営の参考とします。

お問い合わせ先

京都市 文化市民局地域自治推進室地域づくり推進担当

電話:075-222-3049

ファックス:075-222-3042

メールアドレス:chiikizukuri@city.kyoto.lg.jp

フッターナビゲーション