スマートフォン表示用の情報をスキップ

現在位置:

【広報資料】令和2年度京都市芸術文化特別奨励者の決定及び認定式の開催について

ページ番号263072

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2020年1月9日

広報資料

令和2年1月9日

文化市民局 (文化芸術都市推進室 文化芸術企画課 TEL 075-366-0033)

 京都市では,文化芸術都市・京都の新たな担い手の育成を目的として,「京都市芸術文化特別奨励制度」を平成12年度に設け,活動経費に対する奨励金を交付し,若手芸術家の飛躍に向けた活動を支援する取組を行っています。

 この度,令和2年度奨励者が決定し,認定式を下記のとおり行いますので,お知らせします。

1 令和2年度京都市芸術文化特別奨励者

西條 茜【陶芸,現代美術/30歳/上京区在住】

  京都市立芸術大学大学院修了。歴史学,鉱物学,考古学等をベースに陶芸を素材にしながらも,現代美術のジャンルで活動。内部が空洞であるという特徴を持つ陶芸に「虚構性」を見出し,世界や日本各地の陶磁器の産地に存在する逸話や伝説に自身の記憶や体験を重ねた「虚実曖昧なイメージ」を陶芸を用いて作り上げている。

 今回の奨励を受け,中国やロシア等で滞在制作を行うことで現地の陶芸に関する専門知識や技術を体得するとともに,自身の表現や思考においても更なる向上に努める。また自身の活動を通じて幅広く自由な陶芸による表現の可能性を広く知ってもらうだけでなく,京都市が持つ陶芸の歴史や技術にも触れながら陶芸・美術といった枠組みをも超えた取組を積極的に国内外にアピールすることで,これからの京都市の文化芸術振興に尽力していく。

 

西條 茜

tuQmo(つくも)【コンテンポラリー・サーカス/伏見区在住】

 池田精堂(35歳,彫刻家)と菅沼江里花(36歳,ポールダンサー)の2人からなるユニット。自作の造形物をパフォーマー同士のコミュニケーションツールとして制作し,身体能力を拡張したり,あえて不自由な条件を付けつつ創意工夫で使いこなす中で独自の表現を探っている。

 今回の奨励を受け,既にあるものとは違った,文化や人種をまたいだ新しいつながりをつくることで,京都や日本文化力の向上に貢献していきたい。また,劇場や街中で公演をするだけでなくテーマに関係する展覧会やワークショップなどの方法で,様々な性,世代,職業,生活環境の人達との共通の理解を図れるテーマで交流をしていき,その中で得たもの,表現できたもので多くの人の心を動かしていきたい。

 

tuQmo(左から菅沼,池田)

2 認定式の開催

⑴   日時

   令和2年1月16日(木曜日)

   午前11時~正午(予定)

⑵   場所

    第一応接室(京都市役所北庁舎4階)

⑶   出席予定者(敬称略)

  ア 奨励者   西條 茜

           tuQmo(池田精堂,菅沼江里花)

  イ 来賓     山本 恵一 京都市会議長

            青野 仁志 京都市会副議長

            湯浅 光彦 京都市会文化環境委員会 委員長

            潮江 宏三 京都市芸術文化特別奨励制度審査委員会委員長

  ウ 京都市   門川 大作 京都市長

            村上 圭子 京都市副市長

            北村 信幸 京都市文化芸術政策監

⑷   次第

    開会

    出席者紹介

    認定書授与

    市長挨拶(門川 大作 京都市長)

    来賓祝辞(山本 恵一 京都市会議長)

    審査委員会代表祝辞・講評(潮江 宏三 審査委員会委員長)

    奨励者挨拶

    閉会   ※閉会後,記念撮影及び懇談

 なお,奨励者には1年間の活動経費として300万円の奨励金を交付します。

参考

1 令和元年度 京都市芸術文化特別奨励制度審査委員会委員(敬称略)

氏 名

役 職 等

九鬼 葉子

演劇評論家,大阪芸術大学短期大学部教授

小谷 眞由美

株式会社ユーシン精機代表取締役社長,京都経済同友会常任幹事

近藤 高弘

陶芸家

潮江 宏三

京都市立芸術大学名誉教授

上念 省三

ダンス評論家

高畠 整子

音楽プロデューサー

建畠 晢

京都芸術センター 館長,多摩美術大学 学長

広瀬 依子

追手門学院大学国際教養学部講師

山本 毅

京都市立芸術大学 教授

北村 信幸

京都市文化芸術政策監

2 令和2年度奨励者に係る申請件数について

部門別

年代別

舞台部門

15件

10代

2件

音楽部門

10件

20代

4件

造形部門

24件

30代

31件

その他部門

 2件

40代以上

11件

合 計

51件(※)

合 計

48件

※申請件数は48件。うち,複数部門にまたがる申請が3件あり,部門別としては51件となる。

広報資料(奨励制度認定式)

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

お寄せいただいたご意見は,今後のホームページ運営の参考とします。

お問い合わせ先

京都市 文化市民局文化芸術都市推進室文化芸術企画課

〒604-8006 京都市中京区河原町通御池下る下丸屋町394番地 Y・J・Kビル2階

電話:075-366-0033

ファックス:075-213-3181

フッターナビゲーション