スマートフォン表示用の情報をスキップ

現在位置:

【広報資料】STEAM THINKING−未来を創るアート京都からの挑戦 アートカルティベートフォーラム「アートとサイエンス,そして私たちの幸福について」

ページ番号260910

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2020年1月9日

STEAM THINKING−未来を創るアート京都からの挑戦 アートカルティベートフォーラム「アートとサイエンス,そして私たちの幸福について」

【中止のお知らせ】

本フォーラムにつきましては,新型コロナウイルス感染症をめぐる状況を鑑み,その影響拡大やお客様及び出演者,関係者の安全と健康を第一に考え,大変残念ではございますが,中止することといたしました。

楽しみにされていた皆様には,多大な御迷惑をおかけしますこと,また直前の御案内となりましたことを,心よりお詫び申し上げます。

 なお,同フォーラムの御出演者による対談を実施し,その様子をKYOTO STEAM-世界文化交流祭-公式WEB外部サイトへリンクしますで公開する予定(3月下旬予定)ですので,御覧いただけると幸いです。

開催日

令和2年3月9日(月曜日)午後6時〜午後8時45分(開場 午後5時30分~)

会場

料金

無料

定員

500名(先着順)

主催

KYOTO STEAM−世界文化交流祭−実行委員会

第1部:トークセッション

 アートとサイエンスという異なった領域間におけるコミュニケーションに関心を持つアーティストや研究者を招聘し,KYOTO STEAM-世界文化交流祭-のテーマであるアートとサイエンス・テクノロジーの融合の可能性について対話します。

セッション1:対話のフリークライミング

小山田徹(美術家,京都市立芸術大学)× 磯部洋明(宇宙物理学,京都市立芸術大学)

アートとサイエンスという異なった領域は,それぞれに固有の歴史や価値観を培ってきました。その固有性を尊重し,両者の「異なり」を前提とするとき,どのような対話が可能になるのか,「異なり」から始まる対話の在り方について話し合います。

セッション 2:サイエンスとともに踊ること

砂連尾理(振付家・ダンサー,立教大学)× 古屋俊和(株式会社エクサウィザーズ)

 アーティストの関心を,サイエンスはいかに増幅し実現しうるのか,また,サイエンスの描く未来像をもとに,アーティストはどのような作品を作るのか,最先端のサイエンスを通じて切り開かれる新たな人の身体感覚について,語り合います。

 

第2部:対談「アートとサイエンス,そして私たちの幸福について」

赤松 玉女(京都市立芸術大学学⻑)× 山極壽一(京都大学総⻑)

 アーティスト・研究者であると同時に,学生に向けてアートとサイエンスの教育を行い,社会に向けて,それぞれの価値を発信する場である大学の代表者である両者は,アートやサイエンスから何を受け取ってきたのか,そして今,学生や社会に向けて何を伝えようとしているのか。アートとサイエンスのそれぞれが我々にもたらしてきたもの,そして,アートとサイエンスが融合するとき,どのような未来が開かれるのか,語り合います。

申込方法

京都いつでもコールへ,電話,FAX,電子メールでお申し込みください。

お申込みの際は,氏名(ふりがな),電話番号,郵便番号・住所,同伴者人数,メールアドレス(WEB申込の方のみ)をお伝えください。

京都いつでもコール

電話 075-661-3755 FAX 075-661-5855

https://www.city.kyoto.lg.jp/sogo/page/0000012821.html

 

 

申込期間

令和2年1月9日(木曜日)~2月21日(金曜日)

(参考)登壇者プロフィール

赤松 玉女(画家,京都市立芸術大学学長)

赤松 玉女(画家,京都市立芸術大学学長)

1959年兵庫県尼崎市生まれ。1984年に京都市立芸術大学大学院美術研究科修士課程絵画専攻(油画)修了後,国内外の美術館やギャラリーでの展覧会を中心に活動。油彩,水彩,フレスコ技法等,画材や技法を組み合わせた絵画表現の可能性を研究。イタリアでの創作活動等を経て,1993年に京都市立芸術大学美術学部美術科油画専攻教員に着任。2018年,美術学部長。学外の組織と連携して,知的障害児・者のアート活動支援の分野に積極的に取り組んでいる。

2019年4月1日,公立大学法人京都市立芸術大学理事長・学長に就任。

磯部 洋明(宇宙物理学者,京都市立芸術大学美術学部准教授)

磯部 洋明(宇宙物理学者,京都市立芸術大学美術学部准教授)

1977年神奈川県生まれ,岡山県育ち。京都大学大学院理学研究科博士課程修了。東京大学及びケンブリッジ大学の研究員,京都大学宇宙総合研究ユニット及び同大学院総合生存学館の教員等を経て2018年から現職。専門は太陽の活動現象やその地球への影響の研究。哲学,人類学,歴史学などと協働した人文社会系の宇宙研究や,宇宙落語,お寺で宇宙学など異分野とコラボした企画も多く手がける。

小山田 徹(美術家,京都市立芸術大学美術学部教授)

小山田 徹(美術家,京都市立芸術大学美術学部教授)

1961年鹿児島に生まれる。京都市立芸術大学日本画科卒業。1984年,大学在学中に友人たちとパフォーマンスグループ「ダムタイプ」を結成。ダムタイプの活動と平行して90年から,さまざまな共有空間の開発を始め,コミュニティセンター「アートスケープ」「ウィークエンドカフェ」などの企画を行うほか,コミュニティカフェである「Bazaar Cafe」の立ち上げに参加。日本洞窟学会会員。
砂連尾 理(振付家/ダンサー・立教大学特任教授)

砂連尾 理(振付家/ダンサー・立教大学特任教授)

1991年,寺田みさことダンスユニットを結成。近年はソロ活動を中心に京都・舞鶴の高齢者との「とつとつダンス」,宮城・閖上(ゆりあげ)の避難所生活者の取材が契機となった「猿とモルターレ」,また病,障害などを〈生きる過程にある変容〉と捉え,対話を通してダンスへと変換する「変身—ええ,私です。又あなたです。」などを発表。著書に『老人ホームで生まれた〈とつとつダンス〉―ダンスのような,介護のような―』(晶文社)

古屋 俊和(データサイエンティスト/株式会社エクサウィザーズ ファウンダー)

古屋 俊和(企業家・データサイエンティスト/株式会社エクサウィザーズ ファウンダー)

複数のテクノロジー・ヘルスケア関係のベンチャーを創業・支援。

大手企業を中心に複数のAIプロジェクトを担当。AIプロジェクトの7割は失敗すると言われている中,すべてのプロジェクトで顧客からプロジェクトの継続依頼を受けるなど,日本を代表する凄腕データサイエンティスト19人に選出される(週刊ダイヤモンド)。

株式会社エクサウィザーズ創業後,3年で企業価値250億円まで上昇させ,取締役辞任。その後,VR等を手掛けるQuantum Analyticsを創業。

京都大学経営管理大学院卒(MBA)。Quantum Analytics,inc CEO。

人工知能研究会運営委員。京都大学情報学研究科博士課程在籍。

 
山極 壽一(霊長類学者,京都大学総長)

山極 壽一(霊長類学者,京都大学総長)

1952年東京生まれ。京都大学理学部卒,同大学院理学研究科博士後期課程単位取得退学。理学博士。京都大学霊長類研究所助手,同大学大学院理学研究科助教授,同教授,同研究科長・理学部長を経て,2014年より京都大学総長。現在,日本学術会議会長,環境省中央環境審議会委員,総合科学技術・イノベーション会議議員を務める。著書に『ゴリラからの警告「人間社会,ここがおかしい」』(毎日新聞出版),『ゴリラに学ぶ男らしさ』(ちくま文庫)等

広報資料

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

お寄せいただいたご意見は,今後のホームページ運営の参考とします。

お問い合わせ先

文化市民局 文化芸術都市推進室 文化芸術企画課(KYOTO STEAM-世界文化交流祭-実行委員会事務局)

〒606-8536 京都市左京区粟田口鳥居町2番地の1(京都市国際交流会館内)
TEL 075-752-2211  FAX 075-752-2233

フッターナビゲーション