スマートフォン表示用の情報をスキップ

現在位置:

【広報資料】「京都市動物園と平安女学院大学との教育及び研究に関する協定書」の締結について

ページ番号260451

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2019年12月3日

広報資料

令和元年12月3日

京都市文化市民局(動物園 TEL771-0210)

「京都市動物園と平安女学院大学との教育及び研究に関する協定書」の締結について

 京都市動物園では,市内の大学等と協定を結び「教育」及び「研究」の機能強化を進めているところです。
 この度,平安女学院大学と「京都市動物園と平安女学院大学との教育及び研究に関する協定書」を締結する運びとなり,以下のとおり連携協定の締結式を行いますのでお知らせします。
 なお,今回の協定で7例目となります。

                          記

 

1 日時  令和元年 12月9日(月曜日) 午後1時30分~午後2時

 

2 会場  京都市動物園 レクチャールーム(左京区岡崎法勝寺町 岡崎公園内)

 

3 次第  

 ⑴ 開会

 ⑵ 協定書署名 門川大作 京都市長

         山岡景一郎 平安女学院大学 学長

 ⑶ 挨拶    門川大作 京都市長

         山岡景一郎 平安女学院大学 学長

 ⑷ 記念撮影

 ⑸ 閉会

 

4 出席者  

 ⑴ 平安女学院大学

    山岡景一郎 平安女学院大学 学長

    毛利憲一  平安女学院大学 国際観光学部長

 ⑵ 京都市   

    門川大作  京都市長

    北村信幸  京都市文化芸術政策監

    片山博昭  動物園長

5 協定内容について

 ⑴ 人材育成及び事業協力等を通じた相互の文化・観光を中心とした学術交流に関する事項

 ⑵ 京都市動物園におけるユニバーサルデザインの推進と利用促進に係る企画立案に関する事項

 ⑶ 国際的な情報発信に関する事項

 ⑷ その他,両者が合意した事項

 

6 今後の具体的な連携事項(予定)

 ⑴ 動物園職員による平安女学院大学への授業協力

 ⑵  平安女学院大学の学生による京都市動物園の利用促進に係る企画案発表会を実施 

    (令和元年12月17日)

 ⑶ 平安女学院大学の学生が企画する園内でのイベントを実施

 ⑷  平安女学院大学の学生による京都市動物園の公式SNSへの英語の投稿

     (Facebook,Twitter,Instagram)

 

7 これまでに締結した連携協定

  平成20年4月  京都大学 「野生動物保全に関する教育及び研究の連携に関する協定」

  平成26年7月  ラオス大学  「ゾウの繁殖プロジェクトと,共同学術交流,教授,研究活動の基礎となる3者間の環境教育に関する連携協定」

  平成27年3月  京都府立植物園・京都水族館 

            「京都市動物園・京都府立植物園・京都水族館包括交流連携協定」

  (平成28年3月~ 京都市動物園・京都府立植物園・京都水族館・青少年科学センター包括交流連携協定)

  平成28年4月  京都精華大学「連携協定に関する協定」

  平成30年11月 山階鳥類研究所

                      「野生動物に関する研究及び教育普及の連携に関する協定」

  令和元年7月   嵯峨美術大学・嵯峨美術短期大学

           「京都市動物園と嵯峨美術大学・嵯峨美術短期大学との教育及び研究に関する協定」

 

【参考】平安女学院大学について

 1875年米国聖公会から渡日したミス・エディが大坂・川口居留地に「エディの学校」を開校。1895年に「平安女学院」に改称し,京都に移転・開校した。

平安女学院大学は,キリスト教に基づく人格教育を通じて「躾(マナー)」「心得(スキル)」「愛(ホスピタリティ)」を身につけた「貴品女性」を育成することに注力し,全学部・学科において2012年度から7年連続で就職率100%を達成している。

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

お寄せいただいたご意見は,今後のホームページ運営の参考とします。

お問い合わせ先

京都市 文化市民局文化芸術都市推進室動物園

電話:075-771-0210

ファックス:075-752-1974

フッターナビゲーション