スマートフォン表示用の情報をスキップ

現在位置:

【広報資料】岡崎公園の新しい顔となる,カフェとミュージアムショップ 令和2年3月21日にリニューアルオープンする京都市京セラ美術館に開業!

ページ番号259781

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2019年11月11日

広報資料

令和元年11月11日

文化市民局(美術館 771-4107)

岡崎公園の新しい顔となる,カフェとミュージアムショップ 令和2年3月21日にリニューアルオープンする京都市京セラ美術館に開業!

 大規模リノベーションを経て,令和2年3月21日にリニューアルオープンする京都市京セラ美術館。オープンに合わせて,美術館正面の新たな顔となるエントランスの左右に,新たなコンセプトのカフェとミュージアムショップが開業します。京都市京セラ美術館は展覧会の開催だけでなく,これらの店舗を通じて,街・人がアートと触れ,豊かな時間を過ごすことのできる機会をつくりだしていきます。水と緑,多数の文化施設と著名な寺院神社が集積する京都随一の文化ゾーンに生まれる,新スポットに是非御期待ください。

ミュージアムカフェ

〜アートと地域をつなぎ,アートと過ごす時間を豊かに〜

ミュージアムカフェ「ENFUSE(エンフューズ)」By WAT(ワット)

 食を通じて地域にコミュニティを作り,人の流れと賑わい,そして地域に新しい価値を創出することをミッションとする企業WAT。ユニークな感性で,これまでにも地域に寄りそうカフェの運営やコラボレーションプロジェクトを展開してきました。そんなWATが考える,京都市京セラ美術館に必要なカフェのかたち「ENFUSE」は,自然豊かな岡崎公園の一部としてアートと地域をつなぐ場になることを目指します。

 京都の地場の食材や手法を取り入れながらアレンジを加えたメニュー,自家焙煎コーヒーやスイーツ,クラフトなアルコールドリンクはもちろん,岡崎公園や疏水で楽しめるピクニックセット,京都の地元企業とコラボしたお土産など,朝,昼,夜と表情を変えて,アートと過ごす時間に食の魅力をプラスします。カフェの店内や敷地内では,ENFUSE企画による食×文化イベントも予定しています。

 営業時間:午前9時-午後9時

 席数:64席  店舗面積:約175㎡

店舗イメージ

店舗イメージ

ミュージアムショップ

〜多様なジャンルの文化企業がコラボし,新しいモノ・コトを発信する場〜

ミュージアムショップ「ART LAB KYOTO(アートラボキョウト)」By CCCアートラボ

 日本を代表するアートメディア「美術出版社」,創業130年の京都の美術出版社「光村推古書院」,現代アートを専門とするミュージアムショップを展開する「NADiff(ナディッフ)」,本を介してアートと日本文化と暮らしをつなぎ,”アートのある暮らし”を提案する「銀座 蔦屋書店」を擁するCCCアートラボが,いにしえより伝統と革新を繰り返し常に進化してきた”京都”のスピリットを令和の時代に体現させる新業態のミュージアムショップをスタートさせます。

 展覧会グッズ,美術書籍から京都の伝統文化を楽しめる限定商品,アパレルブランドとコラボしたファッションアイテム,オリジナルグッズ,スイーツまで,豊富なラインナップを展開。多様なジャンルのメディアレーベルを束ねるグループ連携を活かし,日常的にアート・カルチャーを様々な角度で楽しめるイベントの企画など,様々なモノ・コトをクリエイトする新しいミュージアムショップのスタイルを創り上げていきます。

 営業時間:午前10時-午後7時  店舗面積:約138㎡

店舗イメージ

店舗イメージ

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

お寄せいただいたご意見は,今後のホームページ運営の参考とします。

お問い合わせ先

京都市美術館総務課
TEL:075-771-4107
FAX:075-761-0444

フッターナビゲーション