スマートフォン表示用の情報をスキップ

現在位置:

【広報資料】動物園・嵯峨美術大学・嵯峨美術短期大学連携シンポジウム「動物園のみる夢」の開催について

ページ番号259615

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2019年11月7日

広報資料

令和元年11月7日

京都市文化市民局(動物園 TEL771-0210)

動物園・嵯峨美術大学・嵯峨美術短期大学連携シンポジウム 「動物園のみる夢」の開催について

 この度,京都市動物園と嵯峨美術大学・嵯峨美術短期大学の連携シンポジウム「動物園のみる夢」を下記のとおり開催しますので,お知らせします。

 第1部は,旭川市旭山動物園 園長の坂東元(ばんどう げん)氏や,嵯峨美術大学・嵯峨美術短期大学 学長 佐々木正子(ささき まさこ)氏が基調講演を行います。

 第2部は,嵯峨美術大学 教授 池田泰子(いけだ やすこ)氏をファシリテーターとして,芸術が動物のためにできることとは何かを語り合う「~そして美術に何ができるのか」をテーマに総合討論を行います。

                              記

1 日時 令和元年11月30日(土曜日)午前10時~午後4時45分

2 会場 京都市動物園 レクチャールーム

3 内容

⑴ 第1部【基調講演】ア~ウ 午前10時~午後0時15分

           エ~オ 午後1時~午後2時30分

 ア 「いのちをつなぎ,いのちが輝く動物園」

   片山 博昭(京都市動物園 園長)

 イ 「日本美術の謎は動物園で解く?!」

   佐々木 正子(嵯峨美術大学・嵯峨美術短期大学 学長)

   坂本 英房(京都市動物園 副園長)

 ウ 「保全のデザイン」

   佐藤 哲也(神戸どうぶつ王国・那須どうぶつ王国 園長)

 エ 「共存のデザイン」

   坂東 元(旭川市旭山動物園 園長)

 オ 「命を伝えるデザイン」

   池田 泰子(嵯峨美術大学 教授)

⑵ 第2部【総合討論】「~そして美術に何ができるのか」午後2時45分~午後4時45分

  ファシリテーター:池田 泰子(嵯峨美術大学 教授)

  パネリスト:佐々木 正子(嵯峨美術大学・嵯峨美術短期大学 学長)

         大森 正夫(嵯峨美術大学 教授(デザイン))

         大沼 憲昭(嵯峨美術大学 教授(日本画))

         坂東 元(旭川市旭山動物園 園長)

         佐藤 哲也(神戸どうぶつ王国・那須どうぶつ王国 園長)

         片山 博昭(京都市動物園 園長)

         坂本 英房(京都市動物園 副園長)

4 参加費 無料

5 定員 80名(先着順)

6 申込方法 

 ⑴ 応募方法 

メール:doubutsuen-soumu@city.kyoto.lg.jp 又は
 FAX:075-752-1974

 ⑵ 参加通知 受付後,参加可否の御連絡をさせていただきます。

 ⑶ 必要事項 氏名,電話番号(複数名の場合は同伴者の人数),FAXの場合は返信用のFAX番号

 ⑷ 募集期間 令和元年11月12日(火曜日)~11月29日(金曜日)

定員になり次第募集終了。

7 主催 京都市動物園,嵯峨美術大学・嵯峨美術短期大学

8 問合せ先 京都市動物園 総務課

      電話:075‐771‐0210

      FAX:075-752-1974

      ただし,休園日を除く。

広報資料

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

お寄せいただいたご意見は,今後のホームページ運営の参考とします。

お問い合わせ先

京都市動物園 総務課
電 話  075-771-0210
住 所  〒606-8333 京都市左京区岡崎法勝寺町岡崎公園内

フッターナビゲーション