スマートフォン表示用の情報をスキップ

現在位置:

【広報資料】「京都市若手アーティスト応援プロジェクト」ふるさと納税型クラウドファンディングの開始について

ページ番号259075

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2019年10月23日

広報資料

京都市文化市民局文化芸術都市推進室文化芸術企画課

「京都市若手アーティスト応援プロジェクト」ふるさと納税型クラウドファンディングの開始について

 京都市では若手アーティストの社会的,経済的地位の向上につながる取組の一環として「京都市若手アーティスト応援プロジェクト」を立ち上げました。この度,本事業の資金を獲得するため,ふるさと納税型クラウドファンディングを開始しますので,お知らせします。アーティスト支援を目的としたふるさと納税の創設は,全国初の取組であり,市民・事業者の方々の幅広い理解を得ながら事業を実施してまいります。

1 プロジェクト概要

(1) 名称

京都市若手アーティスト応援プロジェクト

(2) 内容

 京都で活動する芸術家の社会的・経済的地位向上に向け,市内ギャラリーと連携し,京都にゆかりのある若手アーティストが作品を販売する足がかりとするため,市場規模の大きな海外アートフェアへの作品出展を支援します。

 本プロジェクトにより,文化芸術と経済の好循環の創出を目指し,作品の価値を若手芸術家の生活基盤や創作環境の豊かさにつなげていきます。

 また,出展作家によるグループ展や報告会等を京都市内で開催し,京都のアート市場の拡大を目指します。

(3) 出展アートフェア,ギャラリー,作家

・出展アートフェア 台北當代(TAIPEI DANGDAI)(台湾)

・連携ギャラリー MORI YU GALLERY(代表:森 裕一氏)

・出展アーティスト

 谷中 佑輔氏(彫刻)

 笹岡 由梨子氏(映像)

2 ふるさと納税型クラウドファンディングについて

(1) 概要

 本事業の資金を獲得するため,ふるさと納税型クラウドファンディングを実施します。

 ふるさと納税型クラウドファンディングは,地方自治体がプロジェクト実行者として,共感した人から寄附を募る仕組みで,寄附した人の所得税と住民税から寄附金額に応じて一部が軽減(控除)されます。

 アーティスト支援のために,ふるさと納税を活用するのは全国初の取組です。調達資金の具体的な使途を示すことで,返礼品目的ではない,真に社会的課題の解決のため,プロジェクトに共感した方々から広く寄附金を募ってまいります。

(2) 募集方法

 READYFOR株式会社の運営するウェブページ「READYFOR」にプロジェクトを公開し,寄附を募ります。また,振込書のついたチラシを市内の文化イベント等で配布します。

 

※READYFOR

 日本初のクラウドファンディング事業者READAYFOR株式会社が運営するクラウドファンディングのプラットフォーム。プロジェクト達成率75%。達成金額累計97億円。(2019年10月時点)

 

募集サイトはこちらです。

https://readyfor.jp/projects/kyotocityart外部サイトへリンクします

(3) 募集期間

令和元年10月23日(水曜日)~12月25日(水曜日)の64日間

(4) 目標金額

5,000,000円

(出展アーティストの作品運搬費・渡航費・現地滞在費,展覧会開催費等に充てます)

広報資料

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

お寄せいただいたご意見は,今後のホームページ運営の参考とします。

お問い合わせ先

京都市 文化市民局文化芸術都市推進室文化芸術企画課

〒604-8006 京都市中京区河原町通御池下る下丸屋町394番地 Y・J・Kビル2階

電話:075-366-0033

ファックス:075-213-3181

フッターナビゲーション