スマートフォン表示用の情報をスキップ

現在位置:

【広報資料】第66回日本伝統工芸展京都展の開催について

ページ番号258166

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2019年9月25日

広報資料(教育同時)

令和元年9月25日

京都市文化市民局(文化芸術都市推進室文化財保護課 電話 075-366-1498)

第66回日本伝統工芸展京都展の開催について

 第66回日本伝統工芸展京都展を下記のとおり開催しますので,お知らせします。

 日本伝統工芸展は,昭和25年に施行された文化財保護法の趣旨に基づき,歴史上又は芸術上特に価値の高い伝統工芸技術を国として保護育成するため,昭和29年以来,毎年開催しており,全国の伝統工芸作品を広く紹介しています。今回も,東京をはじめ全国12箇所において,順次開催します。

 

1 日時

令和元年10月9日(水曜日)~10月14日(月曜日)

午前10時~午後8時(最終日は午後5時閉場)

いずれも入場は30分前まで  

2 場所

京都髙島屋 グランドホール(7階)

3 陳列作品

第66回日本伝統工芸展地方展陳列作品選定委員会が選定した陶芸・染織・漆芸・木竹工・金工・人形・諸工芸の作品297点

4 入場料

 一般500円(300円/前売り・団体10名以上)

大学生以下無料

*「障害者手帳」を提示の方は,本人と同伴者1名まで無料

5 列品解説

10月9日(水曜日) 午後2時  陶 芸 府無形文化財保持者   石橋 裕史

  10日(木曜日) 午後2時  染 織 重要無形文化財保持者  北村 武資

  11日(金曜日) 午後2時  金 工 金工作家           山本 夏顕

  12日(土曜日) 午後2時  木竹工 重要無形文化財保持者  村山 明

  13日(日曜日) 午後2時  漆 芸 漆芸作家           岸本 圭司

              午後3時   人 形 人形作家          岡 弘美

  14日(月曜日) 午後2時  諸工芸  截金作家         中埜 朗子

                          府無形文化財保持者  渡邊 明

6 特別企画 

(1)「受賞作家が自作を語る」

各日午前11時から

11日(金曜日) 陶芸  北 芳子

12日(土曜日) 金工 甲斐 幸太郎

13日(日曜日) 漆芸 武部 由紀子

 

(2)特別展示 わざを伝える-漆芸,木竹工ー

沈金:前史雄,竹工芸:勝城蒼鳳

7 主催

京都市,京都府教育委員会,NHK京都放送局,朝日新聞社,日本工芸会

8 協賛

パナソニック株式会社

9 後援

京都市教育委員会,京都府

第66回日本伝統工芸展京都展の開催について

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

お寄せいただいたご意見は,今後のホームページ運営の参考とします。

お問い合わせ先

京都市 文化市民局文化芸術都市推進室文化財保護課

〒604-8006 京都市中京区河原町通御池下る下丸屋町394 Y・J・Kビル 2階

電話:075-366-1498

ファックス:075-213-3366

フッターナビゲーション