スマートフォン表示用の情報をスキップ

現在位置:

【広報資料】京都市美術館所蔵品展「動物パラダイス」&再整備事業 解説会

ページ番号254544

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2019年7月12日

広報資料

令和元年7月12日

文化市民局(美術館 電話771-4107)

 この度,京都市美術館では,所蔵品展「動物パラダイス」及び再整備事業についての解説会を開催しますので,お知らせします。本解説会は,ICOM(国際博物館会議)京都大会の関連イベントとして,ICOM京都大会及び当館のリニューアルオープンに向けた機運醸成を図るものです。コレクション及び建築の側面から,リニューアル後の美術館がどのように生まれ変わるのかを知ることが出来る機会となります。皆様の御応募をお待ちしております。

1 日時

令和元年9月5日(木曜日) 午後6時半~8時(受付:午後6時~)

2 場所

京都市国際交流会館 イベントホール(左京区粟田口鳥居町2番地の1)

3 募集人数

120名(先着順)※小学生未満は,保護者同伴

4 内容

・学芸員による同展の見どころ解説

・再整備後の美術館の機能についての解説

5 参加費

無料

6 申込み方法

8月2日(金曜日)~16日(金曜日)に,京都いつでもコールへ電話,FAX又は電子メール(ホームページから)でお申し込みください。
TEL:075-661-3755,FAX:075-661-5855
※ おかけ間違いにご注意ください。
※ お申し込みの際は,イベント名,参加者全員の氏名・フリガナ(1申込につき2名まで),郵便番号・住所,電話番号をお伝えください。

7 問合せ

京都市美術館所蔵品展「動物パラダイス」&再整備事業解説会担当
TEL  075-771-4107

【参考】

【参考1】ICOM京都大会について

 世界の博物館の進歩発展を目指す国際的NGOであるICOM(International Council of Museums:国際博物館会議)の3年に1度の大会が,日本で初めて,京都で開催されます。
 今年9月1日~7日の7日間に渡り,141の国と地域から3,000人を越える博物館関係者が京都に集結。「文化をつなぐミュージアム―伝統を未来へ―」をテーマに,博物館が伝統的な文化を活かしながら,豊かな未来を創造する文化的な拠点として新たな機能を創出し,社会的な役割を果たすために何ができるのか,何をするべきなのかを考えます。京都市では,市内の博物館等と協力し,この機会に京都の魅力の発信や市民向けのイベントを行います。

【参考2】京都市美術館の再整備について

 京都市では,創設以来80年以上の長きにわたり,我が国の文化芸術を牽引してきた京都市美術館を,将来にわたり,市民に愛され世界に誇れる美術館としていくため,来年3月21日のリニューアルオープンを目指し,再整備事業を推進。
 リニューアルオープン後は,通称が「京都市京セラ美術館」となり,常設展や現代アート展を開催するほか,カフェショップも開設します。

【参考3】京都市美術館所蔵品展「動物パラダイス」について

 閉館中も所蔵品の魅力に触れていただく企画として,美術館「えき」KYOTOにおいて,「京都市美術館所蔵品展」を開催します。
 3回シリーズの第3回目である今回は「動物パラダイス」をテーマに,ICOM京都大会関連イベントとして実施。竹内栖鳳,六代清水六兵衞,山口華楊ら,絵画,彫刻,工芸などの様々な分野の作家が表現した愛らしい動物たちの作品群を紹介します。


1 日時
  令和元年8月29日(木曜日)~9月16日(月曜日・祝) ※会期中無休
  午前10時~午後8時 ※百貨店営業時間に準じる,入館は閉館30分前まで
2 会場
   美術館「えき」KYOTO(ジェイアール京都伊勢丹7階隣接)
3 入場料
  一般900円,大高生700円,中小生500円 ※前売り料金は各200円引き。※前売券は7月27日(土曜日)~8月28日(水曜日)
※美術館「えき」KYOTO窓口,ローソンチケット(Lコード:54326),チケットぴあ(Pコード:769-763),京都新聞文化センターほか各プレイガイドで販売
4 主 催
 京都市,美術館「えき」KYOTO,京都新聞

広報資料

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

お問い合わせ先

文化市民局美術館
電話:075-771-4107 ファックス:075-761-0444

フッターナビゲーション