スマートフォン表示用の情報をスキップ

現在位置:

【広報資料】2019年「『街かど古典カフェ』Ⅱ・連続講座」の開催について

ページ番号253301

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2019年6月24日

広報資料(府・宇治市政・経済同時)

古典の日推進委員会

(公財)京都文化交流コンベンションビューロー内(電話:353-3060)

文化市民局(文化芸術企画課 電話:366-0033)

 正岡子規から「貫之は下手な歌よみにて『古今集』はくだらぬ集」と全否定された,紀貫之。ほんとうに「下手な歌よみ」なのでしょうか。もし,貫之がいなかったとしたら…。王朝文学の開拓者であり,ひらがなの申し子であった紀貫之について,千年前に詠まれた和歌とともに読みときます。

「街かど古典カフェ」は,趣のあるパリ街角のカフェのように,少人数で一流の講師を囲み,親しく議論を深める贅沢な講座を4回シリーズで開催しますので,下記のとおりお知らせします。

1 日時

第1回:令和元年9月 4日(水曜日)午後2時~午後3時30分(受付 午後1時30分)

第2回:令和元年9月11日(水曜日)午後2時~午後3時30分(受付 午後1時30分)

第3回:令和元年9月18日(水曜日)午後2時~午後3時30分(受付 午後1時30分)

第4回:令和元年9月25日(水曜日)午後2時~午後3時30分(受付 午後1時30分)

2 会場

虎屋京都ギャラリー(虎屋菓寮 京都一条店横)

京都市上京区一条通烏丸西入広橋殿町400

※京都市営地下鉄烏丸線「今出川」駅下車,6番出口より南へ徒歩約7分

3 内容

(1)各回のテーマ

開催日

講座テーマ

第1回

9月 4日

「匠のわざ-紀貫之は下手な歌詠みか

第2回

9月11日

「ひらがなの申し子-やまとことばの魅力」

第3回

9月18日

「女もしてみむとてするなり-『土佐日記』の驚くべき前衛」

第4回

9月25日

「日本の美意識をつくる-見立てと取り合わせ-」

(2)講師    小林 一彦(京都産業大学文化学部教授)

4 募集について(詳細はチラシ参照)

(1)受講料   8,000円(4回通し,お茶菓子付き)

(2)募集期間 令和元年6月24日(月曜日)~令和元年7月17日(水曜日)※必着

(3)定員    30名(申し込み多数の場合は抽選)

(4)応募    古典の日推進委員会ホームページ又は郵便往復はがきで申し込み(1通につき1名)

(5)申込先   〒600-8009  京都市下京区四条通室町東入函谷鉾町78番地 京都経済センター3階

                   (公財)京都文化交流コンベンションビューロー内

                   古典の日推進委員会「街かど古典カフェ」Ⅱ係

5 実施主体

 主  催:古典の日推進委員会

 後  援:京都新聞

 特別協賛:村田機械株式会社

6 問合せ先

  古典の日推進委員会 事務局((公財)京都文化交流コンベンションビューロー内)

  担当:永岡,木﨑

  〒600-8009 京都市下京区四条通室町東入函谷鉾町78番地 

  京都経済センター3階

  電話:075-353-3060(月~金:午前9時~午後5時 土日祝除く)/FAX:075-353-3055

  HP:http://www.kotennohi.jp/外部サイトへリンクします

 

広報資料「街かど古典カフェ」Ⅱ開催について

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

2019年「街かど古典カフェ」Ⅱチラシ

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

お寄せいただいたご意見は,今後のホームページ運営の参考とします。

お問い合わせ先

京都市 文化市民局文化芸術都市推進室文化芸術企画課

〒604-8006 京都市中京区河原町通御池下る下丸屋町394番地 Y・J・Kビル2階

電話:075-366-0033

ファックス:075-213-3181

フッターナビゲーション