スマートフォン表示用の情報をスキップ

現在位置:

【広報資料】「平成32年(2020年)度京都市芸術文化特別奨励者」の募集について

ページ番号251196

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2019年4月23日

広報資料

平成31年4月23日

文化市民局(文化芸術都市推進室文化芸術企画課)

「平成32年(2020年)度京都市芸術文化特別奨励者」の募集について

 京都市では,芸術文化の担い手を育成することにより,新たな芸術文化の創造を促進し,京都の芸術文化の振興を図ることを目的として,これから大きく羽ばたこうとする若い芸術家の方々を奨励する「京都市芸術文化特別奨励制度」を平成12年度から実施しています。

 この度,平成32年(2020年)度中の活動を支援する奨励者(平成31年度中に審査,決定)を下記のとおり募集しますので,お知らせします。

1 奨励の内容

将来に向けて,積極的な芸術文化活動を行うための奨励金(※)を交付

※ 1個人又は1グループにつき,300万円

2 応募資格

 芸術文化に関わる活動を行い,次の全ての条件に該当する個人又はグループ

 ⑴ 住所地,活動拠点又は予定する発表場所のいずれかが京都市内であること

 ⑵ 京都の芸術文化の振興や発信に貢献する可能性のある活動(創作,発表,企画,研究等)を行っていること

 <備考>

 ・年齢制限はないが,主に20代~30代半ばの若い年齢層からの応募を期待し,「今ある力」よりも

  「今後の飛躍の可能性」に注目します。したがって,京都市芸術新人賞の受賞者など,既に一定の評価を

  受けている方は,対象となりません。

 ・芸術のジャンルは問わず,複数のジャンルにまたがるものや,既成のジャンルの枠を超えた新しい芸術なども

  対象とします。

3 申請方法

 所定の「令和2年度奨励申請書」に必要事項を記入のうえ,「自己アピール資料」(※)を添えて,

 郵送により京都芸術センターへ提出

 ◎申請書及び記入見本のダウンロード⇒http://www.geibunkyo.jp/news/000810.html外部サイトへリンクします

 ※公演,展覧会等を撮影したDVD,演奏を録音したCD,作品を記録した写真,文学作品等の概要をまとめた

  原稿,公演等のチラシ,新聞等の批評記事など 

4 募集期間

平成31年(2019年)5月1日(水曜日)から7月31日(水曜日)まで〔当日消印有効〕

5 申請者説明会(希望者のみ)

 本制度の内容や申請方法に係る説明会を,以下のとおり開催します。

 ⑴   日程

    平成31年(2019年)7月6日(土曜日)

     午後3時から午後6時まで(途中入退場自由。個別相談の受付は午後5時30分まで)

    ※ 事前申込不要。当日会場に直接お越しください。

 ⑵  会場

     京都芸術センター

 ⑶  内容

    ・午後3時~午後4時 全体説明及び質疑応答

    ※平成30年度奨励者の久保ガエタン氏(現代美術)にお話いただき,皆様からの質問にもお答えします。

    ・午後4時~午後6時 個別相談

 <久保 ガエタン氏のプロフィール>

   昭和63年日本生まれ。平成24年児玉画廊(京都)での個展を皮切りに国内外で作品を発表。超常現象やルーツといった

   「みえないもの」を追い求め,独自の装置によって考察した作品を制作。平成29年には,ポーラ美術振興財団の在外研究員

   として,母のルーツであるフランスに拠点を置いて1年間の美術研修を行った。平成30年,フランスより帰国し,京都での活動

   を開始。同年8月にはグループ展「呪と祝」(KUNST ARZT,東山区)を開催,平成31年1月は2人展「塑性と蘇生

   (ARTZONE,中京区)を開催した。現在,WRO MEDIA ART BIENNALE(ポーランド)での展覧会に向け,

   制作を行っている。

6 その他

奨励者の決定は平成32年(2020年)2月頃,奨励金の交付は平成32年(2020年)4月頃を予定

<問合せ先>

○ 京都市文化市民局文化芸術都市推進室文化芸術企画課 特別奨励制度担当

 (京都市中京区河原町通御池下る下丸屋町394番地 Y・J・Kビル2階)

  TEL:075-366-0033  FAX:075-213-3181

○ (公財)京都市芸術文化協会 特別奨励制度担当【申請書提出先(郵送のみ)】

 (京都市中京区室町通蛸薬師下る山伏山町546番地の2 京都芸術センター内)

  TEL:075-213-1003  FAX:075-213-1004

※希望者には,上記窓口にて,申請書及び記入見本の配布も行います。

【参考】

1 過去5年間の奨励者 ※敬称略

過去5年間の奨励者

奨励年度

奨励者

活動分野

平成31年度

空間現代

現代音楽

村松 稔之

声楽,カウンターテナー

平成30年度

久保 ガエタン

現代美術

hyslom(ヒスロム)

現代美術,パフォーマンスアート

平成29年度

木ノ下 裕一

演劇,古典芸能の研究

高尾 長良

小説

平成28年度

谷中 佑輔

現代美術・彫刻

林 美音子

地歌演奏・柳川三味線

平成27年度

德山 拓一

現代美術を中心としたキュレーション

久門 剛史

現代美術

2 平成30年度募集(平成31年度奨励者)に係る応募状況

⑴ 応募件数

  68件(舞台18件,音楽18件,造形33件,その他5件)  ※複数分野にまたがる申請が6件

⑵ 審査委員 ※五十音順,敬称略。役職等は30年度時点のもの。

 

<平成30年度 京都市芸術文化特別奨励制度審査委員会 委員>

氏 名

役  職  等

久鬼 葉子

演劇評論家,大阪芸術大学短期大学部 メディア・芸術学科教授

小谷 眞由美

ユーシン精機 代表取締役社長,京都経済同友会 副代表幹事

近藤 高弘

陶芸家

潮江 宏三

京都市美術館 館長

上念 省三

ダンス評論家

高畠 整子

音楽プロデューサー,ライター

建畠 晢

京都芸術センター 館長,多摩美術大学 学長

広瀬 依子

追手門学院大学 国際教養学部講師

山本 毅

京都市立芸術大学 音楽学部教授

広報資料

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

京都市芸術文化特別奨励者募集リーフレット

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

お寄せいただいたご意見は,今後のホームページ運営の参考とします。

お問い合わせ先

京都市 文化市民局文化芸術都市推進室文化芸術企画課

〒604-8006 京都市中京区河原町通御池下る下丸屋町394番地 Y・J・Kビル2階

電話:075-366-0033

ファックス:075-213-3181

フッターナビゲーション