スマートフォン表示用の情報をスキップ

現在位置:

【広報資料】夜の図書館カフェ DE トークの開催について

ページ番号249309

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2019年3月20日

広報資料

平成31年3月20日

京都市文化市民局(動物園 電話:771-0210)

夜の図書館カフェ DE トークの開催について

 京都市動物園では,「生き物・学び・研究センター パワーアップ事業」として,「夜の図書館カフェ DE トーク」を下記のとおり開催しますので,お知らせします。

 閉園時間後に,正面エントランス1階の図書館カフェを利用して,参加者の皆様と様々な話題をお話しするイベントです。今回は,京都大学霊長類研究所の准教授で,霊長類の生態学を研究されている,半谷 吾郎(はんや ごろう)さんに,ヤクシマザル(ニホンザルの亜種)の調査についてお話しいただきます。屋久島(鹿児島県)では長年ヤクシマザルの調査が行われてきました。現在,半谷准教授が中心となって組織されている「ヤクザル調査隊」は,結成されてから今年で30周年を迎えます。ボランティアの学生と共に,ヤクシマザルの生態についてこれまで様々な研究成果が生み出されており,多くの研究者も輩出してきました。今回は「ヤクザル調査隊」の活動を御紹介いただきます

                                   記

1 日時  平成31年4月28日(日曜日)

              午後5時30分~午後6時30分

2 会場  動物園  正面エントランス 図書館カフェ

3 内容  「ヤクスギの森に住むニホンザルの暮らし」

       半谷 吾郎氏(京都大学霊長類研究所の准教授)

              世界自然遺産の島,屋久島には,亜熱帯性植物が混じる照葉樹林と,数千年の時を生きるヤクスギの森という,ふたつの森林があります。半谷准教授は20年以上にわたって,毎年夏に,数十人のボランティアの学生が集って,ヤクスギの森に暮らすヤクシマザルのことを調査されています。豊かな照葉樹林とは対照的なヤクスギの森で暮らすサルたちを,長期に渡って調査することで見えてきたことを,調査の様子とともに御紹介します。

       ※ 30分ほど講演し,その後に参加者の皆様とお話しします。

          講演の内容については,動物園ホームページを御覧ください。

         (http://www5.city.kyoto.jp/zoo/

※   ヤクザル調査隊については,ホームページを御覧ください。

 (http://yakuzaru.php.xdomain.jp/外部サイトへリンクします)

4 参加費  無料(図書館カフェSLOW JET COFFEE in the zooでの飲み物代は有料)

5 定員  約20名(先着順)

6 申込方法 ⑴ 応募方法 メール ikimonomanabi@city.kyoto.lg.jp又は

              FAX 075-752-1974

       ⑵ 必要事項 件名「夜の図書館カフェDE トーク参加希望」

              本文に,参加者の氏名(複数名の場合は全員の氏名)

       ⑶ 募集期間 平成31年3月26日(火曜日)~31年4月26日(金曜日)

7 問合せ先  京都市動物園 生き物・学び・研究センター

       電 話 075‐771‐0210

半谷 吾郎 さん

半谷 吾郎 さん

ヤクシマザル

ヤクシマザル

お問い合わせ先

文化市民局 動物園
電話: 075-771-0210 ファックス: 075-752-1974

フッターナビゲーション