スマートフォン表示用の情報をスキップ

【広報資料】ヤブイヌの移動について

ページ番号248080

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2019年2月22日

広報資料

平成31年2月22日

京都市文化市民局(動物園 電話:771-0210)

ヤブイヌの移動について

この度,ヤブイヌの「ノリマル」,「カツマル」が「神戸どうぶつ王国」へ,「マドカ」が「鹿児島市平川動物公園」へ,ブリーディングローン(繁殖のための貸借)により移動しますので,下記のとおりお知らせします。

        記

 

1 移動するヤブイヌについて

 ⑴ 愛称 ノリマル,カツマル(オス)

       マドカ(メス)

 ⑵ 出生年月日 平成28年9月2日(2歳)

        京都市動物園生まれ

 ⑶ その他 父「デンマル」と母「パパヤ」の2回目の繁殖子として誕生した4頭

          (オス2頭,メス2頭)のうちの3頭となります。

        父「デンマル」平成23年 9月18日生(デンマーク,Jesperhus Jungle Zoo) 

           平成26年12月11日来園

        母「パパヤ」平成24年11月16日生(スウェーデン,Kolmarden Zoo)

          平成27年 3月27日来園

2 移動日 ノリマル,カツマル 平成31年2月25日(月曜日)

      マドカ 平成31年2月27日(水曜日)

3 移動の目的

京都市動物園の所有個体をブリーディングローンで貸し出し,移動先の「神戸どうぶつ王国」及び「鹿児島市平川動物公園」で,繁殖を目指します。

(参考)ヤブイヌ(食肉目 イヌ科,英名 Bush Dog 学名 Speothos venaticus 

パナマ,コロンビア,ガイアナ及びブラジル等の森林や林緑の沼地に生息しています。体長は58~75㎝,体重5~7㎏でずんぐりとした体型をしており,外見はあまりイヌらしくありません。また,IUCN (国際自然保護連合)のレッドリストには準絶滅危惧種(Near Threatened)「存続基盤が脆弱な種。現時点での絶滅危険度は小さいが,生息条件の変化によっては絶滅危惧に移行する要素を有するもの」として記載されています。

国内では,京都市動物園の他に4園(よこはま動物園ズーラシア,名古屋市東山動植物園,埼玉県こども動物自然公園,鹿児島市平川動物公園)で飼育されています。

ノリマルとカツマル

ノリマルとカツマル

マドカ

マドカ

お問い合わせ先

文化市民局 動物園
電話: 075-771-0210 ファックス: 075-752-1974

フッターナビゲーション