スマートフォン表示用の情報をスキップ

現在位置:

【広報資料】柳原銀行記念資料館平成30年度企画展の開催について

ページ番号247655

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2019年2月15日

広報資料

平成31年2月15日

文化市民局(くらし安全推進部人権文化推進課 電話:366-0322)

柳原銀行記念資料館平成30年度企画展の開催について

 この度,京都市人権資料展示施設「柳原銀行記念資料館」では,企画展「奪われた骨 奪われた人権 アイヌ民族~琉球民族~部落」及び記念シンポジウムを以下のとおり開催しますので,お知らせします。

1 開催趣旨

 明治から昭和初期にかけて,多くの帝国大学では,形質人類学の研究に用いるため,アイヌ民族や琉球民族といった先住民族の墓地などから,遺族や地域の承諾を得ないままに遺骨を持ち去っていました。そして現在,それぞれの民族の関係者が大学を相手取り,遺骨返還訴訟を展開しています。
 今回の企画展では,それらの遺骨返還訴訟の経過や内容を採り上げることで,先住民族たちが,自分たちの慣習や伝統で故人を弔う権利を不当に侵害されてきたことについて考えていただくことを目的として開催します。

2 企画展

⑴期間

 平成31年3月1日(金曜日)~3月31日(日曜日)

  休館日:月曜日,火曜日,祝日
  ※ 2月27,28日及び4月3,4日は展示替えのため休館

⑵時間

 午前10時~午後4時30分

⑶会場

 柳原銀行記念資料館(下京区下之町6-3)

⑷入館料

 無料

3 記念シンポジウム

⑴日時

 平成31年3月16日(土曜日)午後2時~4時30分(開場:午後1時30分)

⑵会場

 京都市地域・多文化交流ネットワークセンター(南区東九条東岩本町31)

⑶内容

 「奪われた骨・奪われた人権-アイヌ民族~琉球民族-」
 講師 玉城 毅 氏(「命どぅ宝!琉球の自己決定権の会」共同代表)
     木村 敬 氏(「ピリカ全国実・関西」運営委員)

⑷定員

 80名(申込不要,会場での先着順)

⑸入場料

 無料
※ 柳原銀行記念資料館及び京都市地域・多文化交流ネットワークセンターには駐車場がありませんので,
  御来場の際は公共交通機関を御利用ください。

4 主催

 京都市,NPO法人崇仁まちづくりの会

広報資料

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

お寄せいただいたご意見は,今後のホームページ運営の参考とします。

お問い合わせ先

京都市 文化市民局共生社会推進室人権文化推進担当

〒604-8101 京都市中京区柳馬場通御池下る柳八幡町65 京都朝日ビル8階

電話:075-366-0322

ファックス:075-366-0139

フッターナビゲーション