スマートフォン表示用の情報をスキップ

現在位置:

【広報資料】「重要文化財 旧三井家下鴨別邸 冬の特別企画事業」の開催について

ページ番号247130

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2019年2月1日

お知らせ

平成31年2月1日

文化市民局(文化芸術都市推進室文化財保護課 ☎ 075-366-1498)

「重要文化財 旧三井家下鴨別邸 冬の特別企画事業」の開催について

 この度,重要文化財「旧三井家下鴨別邸」では,冬の特別企画として,主屋3階望楼特別公開と,「綴プロジェクト※」による伊藤若冲「樹花鳥獣図屏風」(高精細複製品)の特別展示事業を同時開催します。さらに,期間中の3月6日には,「樹花鳥獣図屏風」(高精細複製品)の特別展示を記念して,京都国立博物館佐々木丞平館長を講師に招いた特別講座を開催しますので,併せてお知らせします。

※ 特定非営利活動法人京都文化協会とキヤノン株式会社による,オリジナル文化財の保存と高精細複製品の活用を目的とした社会貢献活動。

                                   記

1 開催期間   平成31年2月7日(木曜日)~3月19日(火曜日)※水曜休館

2 旧三井家下鴨別邸 冬の三階望楼特別公開

⑴ 公開内容  通常公開されている主屋1階と庭園に加えて,通常非公開の主屋2階座敷及び三階望楼部分を特別公開し,各階ごとに異なる眺望をお楽しみいただきます。また,同時開催中の綴プロジェクトによる伊藤若冲「樹花鳥獣図屏風」(高精細複製品)をご鑑賞いただけます。

⑵ 公開時間  午前9時から午後5時(受付終了午後4時30分)

⑶ 料金     一 般800円 中高生600円 小学生400円

※ 通常公開部分の料金を含みます。

※ 同時開催の綴プロジェクト「樹花鳥獣図屏風」(高精細複製  品)見学料を含みます。

⑷ 見学方法  一度に望楼を見学できる人数に限りがあるため,入場制限を実施します。

〇 個人見学について

・当日,受付にて入場整理券を配布します。

・整理券の配布は午前8時40分から開始し,なくなり次第終了します。

〇 団体見学について

・事前予約制です。

・団体枠として,各時間帯最大50名まで受付可能です。

3 綴プロジェクト高精細複製品 特別展示

奇想の画家 伊藤若冲「樹花鳥獣図屏風」を間近でみる!

⑴ 内容    「綴プロジェクト」により制作された高精細複製品,伊藤若冲

「樹花鳥獣図屏風」をご覧いただきます。

⑵ 公開時間  午前9時から午後5時(受付終了午後4時30分)

⑶ 会場    主屋2階座敷

⑷ 料金    一 般600円 中高生400円 小学生300円

※通常公開部分の料金を含みます。

※同時開催の3階望楼特別公開を見学する場合は,入場整理券及び別途料金が必要です。

⑸ 協力    キヤノン株式会社,特定非営利活動法人京都文化協会

【綴プロジェクトとは】

 特定非営利活動法人京都文化協会とキヤノン株式会社による,オリジナル文化財の保存と高精細複製品の活用を目的とした社会貢献活動。正式名称は,文化財未来継承プロジェクト。海外に渡った日本の文化財や小中学校の教科書で馴染みのある文化財などを対象に,最新のデジタル技術と京都の伝統工芸の技を融合し,オリジナルに限りなく近い高精細複製品を完成させ,文化財の現在の所蔵者やかつての所蔵者,博物館などへの寄贈活動を行っています。オリジナルの文化財を良好な環境で保存し,未来へ継承する一方で,高精細複製品を広く一般に公開することで,日本の優れた文化や芸術をより身近に接する機会を多くの方々に提供しています。

4 樹花鳥獣図屏風(高精細複製品)展示記念 

⑴ 開催日時  平成31年3月6日(水曜日) 午前11時~午後1時

⑵ 内容    2階座敷に展示された高精細複製品の樹花鳥獣図   

屏風を間近に見ながら,佐々木館長に伊藤若冲,作品の魅力について特別に語っていただきます。さらに1階に移動して特製弁当での昼食を挟み,その後,佐々木館長と日本美術に関する質問を交えながら懇談していただきます。

・佐々木丞平館長による若冲作品の特別講座

・斗米庵の特製弁当

※ 斗米庵…伊藤若冲ゆかりの錦市場に昨春オープンした「祇園さゝ木」佐々木浩氏監修の料理店。店名は,若冲の別号「斗米庵」にちなむ。

⑶ 料金    8,000円(税別)

⑷ 定員    20名

⑸ 申込方法  旧三井家下鴨別邸ホームページから又は電話で申し込み

5 主催

京都市文化財公開施設運営管理事業受託コンソーシアム

【構成団体】公益社団法人京都市観光協会/賀茂御祖神社/株式会社曽根造園

三井不動産レジデンシャルサービス関西株式会社

6 問合せ先等

旧三井家下鴨別邸(京都市左京区下鴨宮河町58番地2)

⑴ 指定管理者  京都市文化財公開施設運営管理事業受託コンソーシアム

         (代表団体:公益社団法人京都市観光協会)

⑵ 通常公開  一般410円/中高生300円/小学生200円

⑶ 開館時間  午前9時から午後5時 ※ 受付終了は午後4時30分

⑷ 休館日  水曜日(水曜が祝休日の場合はその翌日),年末(12月29日~12月31日)

⑸ 電話  075-366-4321

⑹ ホームページアドレス https://www.kyokanko.or.jp/mitsuike/

<施設概要>

 大正14年(1925)に完成した,下鴨神社の南に位置する豪商・旧三井家の別邸。三井家11家の共有の別邸として三井北家(総領家)第10代の三井八郎右衞門高棟(たかみね)によって建築された。建築に際しては,明治13年(1880)に木屋町三条上るに当主の隠居所として建てられた三井家の木屋町別邸が主屋として移築された。昭和24年には国に譲渡され,その後,京都家庭裁判所の所長宿舎として平成19年まで使用される。近代京都で初期に建築された主屋を中心として,大正期までに整えられた大規模別邸の屋敷構えが良好に保存されており,高い歴史的価値を有していることから平成23年に重要文化財に指定される。約4年間にわたる修復工事を終え,平成28年10月から一般公開。

樹花鳥獣図屏風 伊藤若冲筆 静岡県立美術館蔵 高精細複製品
樹花鳥獣図屏風 伊藤若冲筆 静岡県立美術館蔵 高精細複製品
樹花鳥獣図屏風 伊藤若冲筆 静岡県立美術館蔵 高精細複製品

広報資料

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

お寄せいただいたご意見は,今後のホームページ運営の参考とします。

お問い合わせ先

京都市 文化市民局文化芸術都市推進室文化財保護課

〒604-8006 京都市中京区河原町通御池下る下丸屋町394 Y・J・Kビル 2階

電話:075-366-1498

ファックス:075-213-3366

フッターナビゲーション