スマートフォン表示用の情報をスキップ

現在位置:

【広報資料】平成31年度京都市芸術文化特別奨励者の決定及び認定式の開催について

ページ番号246418

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2019年1月21日

広報資料

平成31年1月21日

文化市民局 (文化芸術都市推進室 文化芸術企画課 TEL 075-366-0033)

 京都市では,文化芸術都市・京都の新たな担い手の育成を目的として,「京都市芸術文化特別奨励制度」を平成12年度に設け,活動経費に対する奨励金を交付し,若手芸術家の飛躍に向けた活動を支援する取組を行っています。

この度,平成31年度奨励者が決定し,認定式を下記のとおり行いますので,お知らせします。

 

1 平成31年度京都市芸術文化特別奨励者

空間現代

 【現代音楽/京都市左京区在住】

 野口順哉(33歳),古谷野慶輔(32歳),山田英晶(32歳)の3人からなる音楽グループ。

平成28年9月に活動拠点を東京から京都に移し,スタジオ兼ライブハウス「外」を左京区に開場。「外」では,楽曲制作,発表や国内外のアーティストとの交流を通じて,芸術活動の領域を広げている。近年は欧州各国を周るツアーも毎年行っている。

 今回の奨励を受け,世界の様々な地域のアーティストが運営する芸術活動拠点の現地調査を行い,「外」が京都を代表する先鋭的な芸術の発信源となることを目指す。また,ポーランド国内に世界各国の前衛芸術を紹介する組織と協働し,日本とポーランドのアーティストの交流プログラムの実施も予定している。

 

空間現代

空間現代(左から)古谷野,山田,野口

村松 稔之

【声楽,カウンターテナー/30歳/京都市左京区在住】

 京都市少年合唱団に入団,京都市立音楽高校(現:京都堀川音楽高等学校),東京藝術大学を経て,同大学院を首席にて修了。「カウンターテナー」という男性が裏声を使い歌唱表現を行う,日本においても数すくない声種の歌手として活動している。イタリア留学ではバロック期の声楽を中心に研鑽を積み,平成29年にはオペラ「狂おしき真夏の一日」でデビューを果たす。ABC新人オーディション最優秀音楽賞,青山音楽賞新人賞,東京音楽コンクール第3位など数々の賞を受賞。今回の奨励を受け,一時断念したイタリアにてイタリアバロック音楽の研究者の指導を再開させ,ルネサンス期からバロック期までを専門的に研究し極めていくとともに,イタリアで開催されるバロック音楽祭セミナーへの参加,国内外のコンクールの挑戦の機会を積極的に得て,更なる飛躍とカウンターテナーの魅力,認知度の向上に努めていく。

村松 稔之

村松稔之

2 認定式の開催

 (1)  日時

    平成31年1月28日(月曜日)

    午前11時~正午(予定)

 (2) 場所

    第一応接室(京都市役所本庁舎3階)

 

  (3)  出席予定者(敬称略)

  ア 奨励者 空間現代(野口順哉,古谷野慶輔,山田英晶)

          村松 稔之

  イ 来賓  寺田 一博 京都市会議長

          湯浅 光彦 京都市会副議長

          曽我 修  京都市会文化環境委員会 委員長

          潮江 宏三 京都市芸術文化特別奨励制度審査委員会委員長

  ウ 京都市 門川 大作 京都市長

          村上 圭子 京都市副市長

          平竹 耕三 京都市文化芸術政策監

          北村 信幸 京都市文化市民局文化担当局長

 ⑷ 次 第

   開会

   出席者紹介

   認定書授与

   市長挨拶(門川 大作 京都市長)

   来賓祝辞(寺田 一博 京都市会議長)

   審査委員会代表祝辞・講評(潮江 宏三 審査委員会委員長)

   奨励者挨拶

   閉会   ※閉会後,記念撮影

 

 なお,奨励者には1年間の活動経費として300万円の奨励金を交付します。

 

広報資料

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

お寄せいただいたご意見は,今後のホームページ運営の参考とします。

お問い合わせ先

京都市 文化市民局文化芸術都市推進室文化芸術企画課

〒604-8006 京都市中京区河原町通御池下る下丸屋町394番地 Y・J・Kビル2階

電話:075-366-0033

ファックス:075-213-3181

フッターナビゲーション