スマートフォン表示用の情報をスキップ

現在位置:

【広報資料】平成30年度文化庁京都移転の機運を醸成するための連続講座(第8回)プロフェッショナルに聞く!~文化庁移転と文化芸術の未来~「建築×暮らしの文化」の開催について

ページ番号245927

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2019年1月31日

広報資料

平成30年12月14日

京都市文化市民局(文化芸術都市推進室文化芸術企画課 電話:075-366-0033)

平成30年度文化庁京都移転の機運を醸成するための連続講座(第8回)プロフェッショナルに聞く!~文化庁移転と文化芸術の未来~「建築×暮らしの文化」の開催について

 この度,京都市では,文化庁の京都移転の機運を醸成していくため,連続講座    「プロフェッショナルに聞く!~文化庁移転と文化芸術の未来~」を下記のとおり開催しますので,お知らせします。

 本事業は,文化庁の京都への全面的な移転を控え,その意義や効果について検証し,京都が引き受けるべき役割等を考えるトークシリーズとして,平成28年度から実施しており,今年度は,暮らしの文化のうち衣食住をテーマに行います。

 今回は,衣食住のうち,「住」にスポットを当て,建築,デザインの専門家である前田尚武(まえだなおたけ)氏と井上えり子(いのうええりこ)氏をゲストに招き,日本における文化政策の未来を探ります。

1 日時

 平成31年2月23日(土曜日)午後2時~午後4時

2 会場

mumokutekiホール(京都市中京区寺町通蛸薬師上る式部町261ヒューマンフォーラムビル3F)

3 出演者

(1)ゲスト

前田 尚武 氏(一級建築士/学芸員/長谷ビルクリエイティブチーム(京都市美術館リニューアル準備室))

井上 えり子氏(京都女子大学准教授/工学博士/建築計画学)

 

(2)ファシリテーター

平竹 耕三(京都市文化芸術政策監)

4 参加方法

(1)定員等

約100名(事前申込制・先着順),入場無料,どなたでも参加できます。

※ 参加者には「参加票(ハガキ)」を郵送しますので,当日御持参ください。

 

(2)申込方法

電話,FAX,電子メールで「京都いつでもコール」へお申込みください。 

その際に,「郵便番号・住所・氏名・電話番号・同伴人数」をお伝えください。

 

「京都いつでもコール」 受付時間 午前8時 ~午後9時( 年中無休 )

 電 話 075-661-3755

 FAX 075-661-5855

 電子メール ホームページの専用申込フォームをご利用ください。

 URL https://www.city.kyoto.lg.jp/sogo/page/0000012821.html

 

(3)申込期間

平成31年1月8日(火曜日)~2月13日(水曜日)

5 主催

京都市

6 問合せ先

京都市文化市民局 文化芸術都市推進室 文化芸術企画課

電話:075-366-0033

出演者プロフィール

前田 尚武氏

(一級建築士/学芸員/長谷ビルクリエイティブチーム(京都市美術館リニューアル準備室))

1970年東京生まれ。1994年早稲田大学大学院建築計画専攻修士課程修了。1998年森ビル株式会社に入社し「六本木ヒルズ」の設計を担当。2003年より森美術館にて,展示デザイン,美術館コンサルティング,パブリックアート企画,「メタボリズムの未来都市展」(2011年),「建築の日本展」(2018年)などの建築展を企画。2019年より現職。

 


井上 えり子 氏

(京都女子大学准教授/工学博士/建築計画学)

東京理科大学大学院理工学研究科建築学専攻修了。1988年より山設計工房に勤務。1990年より東京理科大学助手。1995年より京都女子大学。花街の建築文化について研究するほか,地域の伝統文化に根ざしたまちづくりを行っている。

チラシ

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

お寄せいただいたご意見は,今後のホームページ運営の参考とします。

お問い合わせ先

京都市 文化市民局文化芸術都市推進室文化芸術企画課

〒604-8006 京都市中京区河原町通御池下る下丸屋町394番地 Y・J・Kビル2階

電話:075-366-0033

ファックス:075-213-3181

フッターナビゲーション