スマートフォン表示用の情報をスキップ

現在位置:

【広報資料】平成30年度「女性に対する暴力をなくす運動」の啓発について

ページ番号244445

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2018年10月30日

広報資料

平成30年10月30日

文化市民局(共同参画社会推進部男女共同参画推進課 222-3091)

平成30年度「女性に対する暴力をなくす運動」の啓発について

    

 「女性に対する暴力をなくす運動」は,平成13年度に内閣府の呼掛けにより始まって以来,毎年11月12日から25日(=女性に対する暴力撤廃国際日)までの2週間にわたり,全国で行われています。

 この度,京都市では,この運動期間を中心に,ドメスティック・バイオレンスなど,女性に対する暴力をなくすための啓発事業として,京都タワーを紫色にライトアップし,街頭啓発を行う「パープルリボンキャンペーン2018」などを実施しますので,お知らせします。




女性に対する暴力根絶のための
シンボルマーク

1 パープルリボンキャンペーン2018

京都駅前で街頭啓発を行うとともに,京都タワーを紫色にライトアップし,女性に対する暴力の根絶を呼び掛けます。

 

 日時:平成30年11月12日(月曜日)午後5時~午後5時30分


*京都タワーのパープルライトアップ
  午後5時00分~午前0時

 

 主催:京都市,京都府

 場所:京都駅前広場

 協賛:京都商工会議所女性会,国際ソロプチミスト京都

 協力:配偶者等からの暴力に関するネットワーク京都会議

 内容:街頭啓発(協力:女性団体等),点灯宣言 ほか

 

2 パネル展示

 期間中,区役所・支所において,「女性に対する暴力をなくす運動」に関するパネルの展示,啓発リーフレット等の配

布を行います。

 また,市役所本庁舎1階ロビーにおいても,11月12日(月曜日)から11月22日(木曜日)にパネル展示を行います。

 

3 電光掲示板等における広報

 ⑴ JR京都駅前:平成30年11月12日(月曜日)~11月25日(日曜日)

 ⑵ ゼスト御池内:平成30年11月12日(月曜日)~11月25日(日曜日)

 ⑶ 市役所内テレビモニター:平成30年11月12日(月曜日)~11月25日(日曜日)

4 パープルリボン月間

 11月を「パープルリボン月間」とし,期間中,京都市男女共同参画センターウィングス京都で女性への暴力防止に

関する様々な取組を実施します。(水曜日休館)

 

⑴ 常設展示等(1階ロビー)


 期間:平成30年11月1日(木曜日)~11月30日(金曜日)

   ・パープルリボン・ツリー及びメッセージボードの設置

   ・DV防止に関する事業等の情報コーナーの設置 ほか

⑵ パープルフェスタ2018(1階ロビー)

  日時:平成30年11月24日(土曜日)午前10時30分~午後2時

  ・手づくりワークショップ「パープルリボンのバッグインバッグを作ろう」

  ・バザー

  ・ミニステージ「こころのうた」午前11時30分~午後1時20分

5 DV被害者支援シンポジウム

⑴ 日時:平成30年12月21日(金曜日) 午後2時30分~午後4時30分(開場 午後2時)

⑵ 会場:京都市男女共同参画センター ウィングス京都 イベントホール

⑶ 内容:

  基調講演「DVが子どもに与える影響について」

  講師:友田明美氏(福井大学 子どものこころの発達研究センター 教授)

⑷ 参加料:無料

⑸ 定員:先着200名

⑹ 申込期間:平成30年10月30日(火曜日)~12月11日(火曜日)

⑺ 申込:京都府 府民総合案内・相談センター

 ア 電話 (075)411-5000  

 イ  FAX  (075)411-5001

 ウ 電子メール 411-5000@pref.kyoto.lg.jp

   ※氏名(代表者)・同伴者数・電話番号を記載してください。

   ※就学前のお子様をお連れの方は,親子席(別室)を御利用いただけます。

    御希望の場合は,お子様の年齢及び人数をお申し出ください。

⑻ 主催:配偶者等からの暴力に関するネットワーク京都会議

  

 

 

参考

○ 「女性に対する暴力をなくす運動」の京都市における取組

  京都市では,平成15年12月26日公布・施行の京都市男女共同参画推進条例第8条において,配偶者等に対して身体的

 又は精神的な苦痛を与える行為を禁止しています。

  また,平成23年3月に策定した「第4次京都市男女共同参画計画きょうと男女共同参画推進プラン」(平成28年3月に改

 定)の基本目標1-2「配偶者等からの暴力の根絶」を「京都市DV対策基本計画」と位置付け,DV対策の取組を総合的・計

 画的に進めているところです。

○ パープルリボンについて


1994年にアメリカの小さな町で発祥したIPRP(インターナショナル・パープルリボン・プロジェクト)は,現在40箇国以上の国々とアメリカ全州の会員から成る国際的なネットワークに発展しています。このIPRPをはじめ,「女性に対する暴力をなくす運動」の様々なキャンペーンにおいて,暴力の下に身を置いている人に勇気を与えることを目的として,紫色のリボンを身に着けたり,飾る取組をしています。

お問い合わせ先

文化市民局 共同参画社会推進部 男女共同参画推進課
電話: 075-222-3091 ファックス: 075-222-3223
E-mail: danjo@city.kyoto.lg.jp

フッターナビゲーション