スマートフォン表示用の情報をスキップ

現在位置:

【広報資料】京都市指定・登録文化財等における災害による倒木等緊急安全対策補助金の創設について

ページ番号243744

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2018年10月12日

お知らせ

平成30年10月12日

文化市民局 (文化芸術都市推進室 文化財保護課 電話:075‐366-1498)

京都市指定・登録文化財等における災害による倒木等緊急安全対策補助金の創設について

 

 京都市では,台風第20号及び台風第21号等により,文化財に甚大な被害が生じています。とりわけ,文化財等敷地内で生じた多数の倒木等が課題となっており,二次被害の危険があるとともに,文化財の復旧にも支障を来しております。

 しかし,従来の文化財保護制度では,文化財に直接的な被害を生じさせる危険木の処理費用のみが補助対象となっているなど,今回の被害に対して必要な支援を行うことができません。

 この度,文化財の一日でも早い復旧を目指すとともに,所有者や来訪者の安全確保を図るため,倒木等処理に係る補助制度を新たに創設しますので,下記のとおりお知らせします。

 

1 制度名称

  京都市指定・登録文化財等における災害による倒木等緊急安全対策補助金

 

2 交付対象

    以下と同一の敷地内のうち,枢要な部分にあった竹木であって,災害(台風20号上陸以降)によって倒れたもの,倒れかけているもの及びこれらに類するものの除却等安全対策に係る工事
※平成31年2月1日までに市長に申請し,交付決定を受け,3月15日までに工事が完了するもの

 ⑴ 京都市指定・登録の有形文化財(建造物)
 ⑵ 京都市指定・登録の無形民俗文化財の構成要素であり,かつ専有の建物(芸能等を上演する舞台など)
 ⑶ 京都市指定・登録の無形民俗文化財に係る楽器,衣装等の用具の,専有の収蔵施設
 ⑷ “京都を彩る建物や庭園”制度認定・選定の建物

  なお,上記安全対策工事を既に完了されている場合,必要書類で工事内容が確認できれば補助対象となることがあります。

   

3 補助金額 

  補助対象費用に3分の1を乗じて得た額

  上限額は,京都市指定・登録文化財については50万円,“京都を彩る建物や庭園”制度のうち認定建物は20万円,選定建物は10万円

 

4 申請方法について

  平成30年10月12日(金曜日)から申請を受け付けます。

  ただし申請に先立ち,文化財保護課の専門職員が状況を確認させていただきます。

  詳細は下記の連絡先にお問い合わせください。

 

5 問合せ先

  京都市文化市民局文化芸術都市推進室文化財保護課

  電話:075-366-1498

  FAX:075-213-3366

 

(参考) 京都市指定・登録文化財補助金

  京都市指定・登録文化財に対する,最も基礎的な補助制度。

  京都市指定文化財の保存修理には,経費の1/2(上限500万円(建造物は1,000万円))を,また,京都市登録文化財の保存修理には,経費の1/3(上限300万円)(建造物は500万円))を補助するもの。

  京都市指定・登録の史跡及び名勝並びに文化財環境保全地区での倒木については,当該補助金で処理することができる。

 

(参考)“京都を彩る建物や庭園”制度

  市民の皆様が京都の財産として残したいと思う建物や庭園を公募によりリスト化し,市民ぐるみで残そうという気運を高め,維持・継承・活用を図るもの。

  市民の皆様から推薦された建物や庭園は,審査会を経て“京都を彩る建物や庭園”に「選定」されます。また,選定されたもののうち,特に価値が高いものを「認定」いたします。

  平成23年11月の公募開始以降,市民の皆様から推薦された494件の建物や庭園について審査会で審査し,所有者の同意を得た365件を選定,そのうち103件を認定しています。(平成30年7月現在)

  

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

お寄せいただいたご意見は,今後のホームページ運営の参考とします。

お問い合わせ先

京都市 文化市民局文化芸術都市推進室文化財保護課

〒604-8006 京都市中京区河原町通御池下る下丸屋町394 Y・J・Kビル 2階

電話:075-366-1498

ファックス:075-213-3366

フッターナビゲーション