スマートフォン表示用の情報をスキップ

現在位置:

【広報資料】「6000万年サルの旅」の定例イベント化について

ページ番号241813

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2018年8月21日

広報資料

平成30年8月21日

京都市文化市民局(動物園 TEL771-0210)

「6000万年サルの旅」の定例イベント化について

この度,京都市動物園では,「6000万年サルの旅」を偶数月の最終土曜日の定例イベントとして,霊長類の進化や生態,認知能力についての研究成果を解説するイベントをより充実します。

 これまで毎月最終土曜日に,テナガザルやマンドリルに関する認知研究の姿を見ていただきながら,研究者がその内容を解説するイベント「サルのお勉強」を行ってきました。また,「6000万年サルの旅」は,平成30年1月から不定期のイベントとして4回開催してきました。

 今後は,霊長類の生態や進化について研究者がわかりやすく解説しながら園内をガイドする「6000万年サルの旅」と「サルのお勉強」を隔月で交互に行います。

 京都市動物園では,平成29年度から生き物・学び・研究センターパワーアップ事業として,研究・教育事業の充実化を図ってきました。今回新たにイベントを定例化することによって,霊長類に関する最新の研究成果について,市民の皆様によりわかりやすくお伝えできるようにします。

                                           記

1 日時 毎月最終土曜日の午後1時30分から30~45分程度

          奇数月:「サルのお勉強」,偶数月:「6000万年サルの旅」

            次回は,「6000万年サルの旅」を平成30年8月25日(土曜)午後1時30分より行います。

2 会場 京都市動物園 サルワールド

3 内容 【奇数月】サルのお勉強:テナガザルやマンドリルに関する,タッチパネルを用いた認知研究の様子を見ながら,研究者がその内容や成果について解説します。集合場所は,テナガザル・マンドリル舎前です。

【偶数月】6000万年サルの旅:霊長類の生態や進化に関する最新の知見や京都市動物園での研究成果について研究者がわかりやすく解説しながら園内をガイドします。集合場所は各回変わる可能性があるため,ホームページ(http://www5.city.kyoto.jp/zoo)や園内掲示板にて御確認ください。

4 参加費 無料

5 問合せ先 京都市動物園 生き物・学び・研究センター

      電 話 075‐771‐0210


サルのお勉強
6000万年サルの旅

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

お寄せいただいたご意見は,今後のホームページ運営の参考とします。

お問い合わせ先

京都市動物園 総務課
電 話  075-771-0210
住 所  〒606-8333 京都市左京区岡崎法勝寺町岡崎公園内

フッターナビゲーション