スマートフォン表示用の情報をスキップ

現在位置:

事業や取り組み内容の企画・立案

ページ番号130291

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2015年4月27日

1 目標設定や事業の道筋の組み立て(プロセスの設計)

2 企画実施にあたって協働していくべき関係者の設定(呼びかけ範囲の決定)

3 具体的に意見を出し合う際の手法やイベント内容の検討(プログラムの検討)

などを通し,事業や取組をサポートします。

上京のフォトコンテストの企画支援 (上京区)


【事業概要】

 上京区まちづくり円卓会議での部会の1つである魅力発信部会有志の会での取組として,フォトコンテストを実施しました。

 経営者,自治会長,NPO代表,PTA会長などの委員に加えて写真家,IT企業の経営者,大学職員も交え,毎月定例会議を重ね,行政・民間・地元・大学などの力を結集した大規模なプロジェクトとなりました。

 

【役割/関わり方】 

 ◎ 話し合いの進行や会場選び,外部の人を会議に連れてくるなど,それぞれの関係性を高めつつ風通しの良い雰囲気づくり

 ◎ 事務局として連絡調整,プロジェクトの事務面のバックアップなど,実際のアクションに繋げていくまでのサポート

 

<上京区担当アドバイザー : 淺田 雅人>

 

東山観光支援コミュニティ (東山区)


【事業概要】

 「東山観光支援コミュニティ」とは,誰もが安心して観光を楽しめるユニバーサルツーリズムの推進を目指して,観光客に対してより親切できめ細かいサービスを提供しようとするお店や観光施設が集まるコミュニティです。

 コミュニティの運営は,京都産業大学の学生や区役所職員等からなるプロジェクトチームが担っており,平成26年度は食物アレルギーをもつ観光客を対象に,安心して東山観光を楽しんでもらえるような冊子制作と啓発イベントを企画しました。

 

【役割/関わり方】

地域・大学・行政による協働事業の企画・運営

◎ 企画検討のワークショップにおいて,目指す方向性や具体的取り組みの決定といった合意形成のプロセスを組み立てリードしました。

◎ 企画内容の具体化にあたって,参考情報の提供や協力店舗の紹介,店舗取材のサポートなどプロジェクトチームの活動を支援しました。

 

<東山区担当アドバイザー:大塚 敏之>

 

「山科感動!ツーリズム2014」事業企画 (山科区)


【事業概要】

 平成25年度に都市計画局歩くまち京都推進室によって実施された「山科・感動ツーリズム推進事業」が,平成26年度は山科区役所が実施主体となったため,より山科区の実態に合わせた事業となるよう企画しました。

 具体的には,目指す観光の形を,地域が主体となって魅力をアピールする「着地型観光」とし,観光資源の開発だけでなく,山科区民が地元のことをよく知って好きになるような仕掛けを作り出すことにも力を注ぎました。

 

【役割/関わり方】

事業の枠組の組み立て,事業の実施・運営への協力

◎ 区役所とともに,着地型観光を目指す事業理念を構築しました。

◎ プロポーザル方式による事業者選定に協力しました。

◎ 山科区民が地元のことをよく知って好きになるための事業,「やましな大冒険」の企画立案及び実施・運営に協力しました。

 

<山科区担当アドバイザー:佐藤 友一>

 

「らくさいマルシェ」の企画・運営 (西京区洛西支所)


【事業概要】

 洛西ニュータウンの活性化を図るため,洛西髙島屋やラクセーヌ商店会,京都市住宅供給公社,西京区洛西支所,NPOなどが実行委員会を組織し,毎月1回「らくさいマルシェ」を開催しています。

 毎月約50~70店舗が雑貨などの手作り品を出展しているほか,地元大原野の野菜を素材にした「大原野スイーツコンテスト」など,主催者企画イベントも不定期で開催しています。

 

【役割/関わり方】

実行委員会及びマルシェへのトータルサポート

◎ 地域の活性化につなげるため,地元洛西地域からの出展者発掘を図りました。

◎ マルシェ全体の企画及び運営をサポートしました。

◎ 大原野の野菜を素材にした「大原野スイーツコンテスト」の開催など,主催者企画イベントについて,NPOと協働して企画から運営までを行いました。

 

<洛西支所担当アドバイザー:吉田 泰基>

 

「鴨川運河会議」の企画・運営 (伏見区深草支所)


【事業概要】 

 琵琶湖疏水鴨川運河は,深草地域のほとんどの学区を流れる身近な水辺空間です。公共空間を楽しく使って,まちのニーズや将来像を市民と行政が共に考え行動していくことを目指し,「鴨川運河会議」を立ち上げました。

 議論を誘うために,NPOや学校等が協力して,冊子『カモガワウンガ100の視点』を制作し,連続まち歩きツアーを開催しました。また,ワークショップ形式の「鴨川運河会議」は,計4回開催し,出てきたアイデアを実現していこうとしています。

 

【役割/関わり方】

市民が出会ってまちづくり活動を始めるための会議企画・運営全般への助言

◎ 参加者や共に会議を推進するNPO,大学等と区役所との橋渡し役を務めました。

◎ 「こうなったらいい」から「自分が一緒にやってみる」に向けて,会議の合間に小規模な集まりを多数開き,粘り強く想いを聴いてサポートしました。

◎ 会議やフォローアップ会議の進行をつとめ,冊子編集会議連続ツアー,企画会議,動き始めのグループの会議等を通して,関係者や参加者の情報共有を進めました。

 

<深草支所担当アドバイザー:加藤 ゆうこ>

 

お問い合わせ先

文化市民局 地域自治推進室 地域づくり推進担当
電話: 075-222-3049

フッターナビゲーション