スマートフォン表示用の情報をスキップ

京都市山科区

言語選択を表示する

スマートフォン表示用の情報をスキップ

現在位置:

【広報資料】山科区空き家対策プロジェクトチームの設立について

ページ番号232707

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2018年2月23日

広報資料

平成30年2月23日

山科区役所地域力推進室総務・防災担当(592-3066)

山科区空き家対策プロジェクトチームの設立について

 空き家の放置は,まちの景観,環境,衛生面の悪化を招き,結果として地域の資産価値の低下や地域コミュニティの活力低下など深刻な影響をもたらすことから,全国的に深刻な地域課題となっています。
 山科区においても平成25年の住宅・土地統計調査によれば,約1万戸が存在すると推計されています。
 また,今後,高齢単身世帯等の増加に伴い,一層空き家が増加することが予想されます。
 この度,山科区では,こうした状況に対応し,地域を挙げて空き家問題の解決を図っていくため,自治連合会や学識経験者,不動産業界団体,弁護士等の専門家からなる「山科区空き家対策プロジェクトチーム」を立ち上げますのでお知らせします。

1 第1回プロジェクトチーム開催日時

平成30年2月26日月曜日 午後3時~

2 開催場所

山科区役所2階 第3会議室

3 議題

(1)山科区の現状と課題
(2)山科区における空き家の状況
(3)今後の取組について

4 今後の取組の概要

(1)空き家の活用(市場での流通)
   〇 空き家の情報の収集とデータベース化
   〇 空き家所有者の調査
   〇 所有者との折衝(売却,賃貸等)
   〇 買い手,借り手の探索
(2)新たな空き家の発生を防ぐ啓発
   〇 各学区でのセミナー等開催 等

5 「山科区空き家対策プロジェクトチーム」構成メンバー

「山科区空き家対策プロジェクトチーム」構成メンバー

役職

団体名及び役職名

氏名

山科区長

堀池 雅彦

山科区自治連合会連絡協議会会長会 代表

澤田 清一

〇 

立命館大学政策科学部 教授

吉田 友彦

京都女子大学家政学部生活造形学科 准教授

井上 えり子

弁護士

南部 孝男

公益社団法人京都府宅地建物取引業協会 理事

戸川 雅勝

公益社団法人全日本不動産協会京都府本部 理事

田中 勇人

京都土地家屋調査士会 広報部長

谷口 明治

特定非営利活動法人京都町並み保存協議会 理事

立石 健太郎

◎リーダー,○サブリーダー  事務局:山科区役所地域力推進室

広報資料

広報資料

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

お問合せ先

山科区役所地域力推進室総務・防災担当

TEL:(075)592-3066

FAX:(075)502-1639

ホームページ:http://www.city.kyoto.lg.jp/yamasina/

お問い合わせ先

山科区役所 地域力推進室 総務・防災担当(企画担当)
電話: 592-3066 ファックス: 502-1639