現在位置:

【広報資料】平成29年度山科区総合防災訓練の実施について

ページ番号228327

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2017年11月16日

広報資料

平成29年11月16日

山科区防災会議(事務局:山科区役所地域力推進室総務・防災担当 592-3066)

平成29年度 山科区総合防災訓練の実施について

 山科区防災会議では,区民の防災に対する意識の向上及び防災対策に関する知識と技術の習得を図るとともに,災害に強い山科区を推進するため,避難所運営及び組織的な災害対応に重点を置いた,より実践的な「平成29年度山科区総合防災訓練」を実施しますので,お知らせします。

1 開催日時

平成29年11月19日日曜日
午前8時30分~午後0時30分まで(雨天決行)
※ 訓練当日の午前7時現在で警報発令中の場合は中止。
   雨天時は,体育館及び教室で実施。

2 場所

山階小学校 グラウンド及び体育館
(京都市山科区西野大手先町21番地)

3 主催

山科区防災会議(山科区役所及び関係機関)

4 参加予定人数

約600人

5 訓練想定

 午前8時30分に京都市南部地域を震源とする,震度7の直下型大地震が発生。
山科区内における家屋の倒壊,火災の同時発生,ライフラインの寸断などの甚大な被 
害が発生している。

6 実施内容

【グラウンド】

○屋外訓練

(1)マンホールトイレ設備説明

(2)水のうの作成~積み上げ,土のう作成指導,防災ワンポイントアドバイス

(3)放水訓練及び食料訓練

○各啓発ブース観覧

  ライフライン3機関(関西電力株式会社,大阪ガス株式会社,西日本電信電話株式会社),一般社団法人日本非常食推進機構,山科医師会,社会福祉協議会,山科警察署,「IBCローリーサービス」車両の展示(緊急時電源供給車両),「山科区防災会議&雨に強いまちづくり」,ペット受入スペース

  

【体育館】

・ライフライン3機関による取組紹介(体育館舞台から)

・体験型避難所運営訓練(ブルーシート4つに別れて,訓練開始)

(1)避難所のレイアウトについて

(2)避難所運営協議会の立ち上げについて

(3)避難所運営資器材の紹介

(4)想定に基づき,協議会各班の訓練開始

 

7 協力

 山階学区自治会連合会,山階学区自主防災会,山階消防分団,西日本電信電話株式会社京都支店,関西電力株式会社京都支社,大阪ガス株式会社京滋導管部,社会福祉法人京都市山科区社会福祉協議会,山科消防署,山科警察署,東部土木事務所,上下水道局東部営業所,山科消防団,山科医師会,京都市立山階小学校,一般社団法人日本非常食推進機構,法務省矯正局京都刑務所,京都橘大学TURF,株式会社FUKUDA(順不同)

8 特別協力(今回初参加)

京都市立安祥寺中学校,認定NPO法人アンビシャス,

特定非営利活動法人日本防災士会(順不同)

広報資料

広報資料

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

お問合せ先

山科区役所地域力推進室総務・防災担当

TEL:(075)592-3066

FAX:(075)502-1639

ホームページ:http://www.city.kyoto.lg.jp/yamasina/

お問い合わせ先

山科区役所 地域力推進室 総務・防災担当(企画担当)
電話: 592-3066 ファックス: 502-1639