現在位置:

平成28年度山科区総合防災訓練―ペットの避難どうしよう?―

ページ番号209807

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2017年3月9日

 平成28年11月13日,平成28年度山科区総合防災訓練が勧修小学校で実施されました。避難所におけるペットの受入れについても,啓発パネルやペットの避難用品などの展示を行い,多くの区民の方にご参加いただきました。

地域で取組むペットの防災について

 近年,ペットを「家族の一員」として大切に飼育されているご家庭が増えており,東日本大震災をはじめとする被災の経験から,こうしたペットについても災害時の救護対策の必要性が認識されるようになってきました。

 ペットと人の関係が密接している今,災害時に避難所でペットとともに生活することを望まれる方が多くおられます。

 しかし,避難所においては,動物が苦手な方やアレルギー体質の方なども共に生活を送ることから,ペットの同行避難を実現するには避難所におけるペットスペースの整備,ペットの適切な管理など様々な準備が必要です。

 京都市では,大規模災害時における避難所へのペット受入れについて,避難所運営者にペット受入体制の整備を検討していただき,飼い主の方にはペットの避難用品を普段から備えていただくよう啓発を実施しています。

勧修小学校における防災訓練での啓発

 勧修小学校で実施された山科区総合防災訓練において,平成28年3月にまとめた「ペットの避難どうしよう?」に基づいた,避難所運営の啓発ブースを設置し,避難所運営者の方に向けて,ペットの受入体制の検討手順などについてのパネル展示を行いました。

 また,ペットのための避難用品を展示し,飼い主の方に向けて,日頃からの備えの必要性を啓発しました。

 ペットの同行避難には,飼い主の方の協力が必要不可欠です。「家族の一員」であるペットの避難用品についても,事前に準備をしていただくようお願いいたします。

<啓発ブースにおける展示>


このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

お寄せいただいたご意見は,今後のホームページ運営の参考とします。

お問い合わせ先

京都市 山科区役所地域力推進室総務・防災担当

電話:庶務担当:(1)~(2)592-3065 地域防災担当:(3)592-3066 調査担当:(4)~(5)592-3066 企画担当:(6)~(7)592-3066

ファックス:502-1639