現在位置:

【広報資料】右京区学生選挙サポーターによる選挙出前授業の実施について

ページ番号214245

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2017年2月3日

広報資料

平成29年2月3日

京都市右京区選挙管理委員会事務局(TEL: 861-1784)

右京区学生選挙サポーターによる選挙出前授業の実施について

~小学校6年生が大学生の行う参加・体験型授業により選挙について学びます~

 この度,若者の投票率及び政治意識の向上を目的に活動している右京区学生選挙サポーターが,未来の有権者である小学校6年生に,政治や選挙への参加意識の高揚を図ることを目的として,下記のとおり選挙出前授業を実施しますので,お知らせします。

 今年度は,5月に京都市立鳴滝総合支援学校で実施したものを加えると,昨年度の3校を上回る5校での実施となります。

1 事業趣旨

  大学生が,将来の有権者である児童に対して,選挙に関する劇や実際の投票箱を使用した模擬投票など,参加・体験型の授業を実施します。  

  児童がグループワークを通して,選挙について大切なことは何かを考えることで,社会科で学習する選挙についての理解促進を図ります。

2 実施場所及び日時等

学校名及び実施予定場所    日時               対象者

山ノ内小学校           2月22日 水曜日        6年生

(多目的室)            5・6限                  2クラス約60名

 

嵐山小学校            2月23日 木曜日          6年生

(体育館)               1・2限                2クラス58名

 

常磐野小学校           2月23日 木曜日         6年生  

(体育館)               5・6限                3クラス90名

 

 梅津北小学校           2月27日 月曜日        6年生

(体育館)                3・4限                  2クラス62名

3 授業の概要

 (1)選挙劇

   大学生3人が候補者役となり,実際の政策をテーマにそれぞれ演説を行います。

   演説後は,各候補者の政策について詳しく知るため,児童が直接質問できる時間も

  設けます。

 (2)模擬投票

   投票所で実際に使用している投票受付システムや投票箱等を使用し,投票の流れ

  を大学生自ら実演した後,児童が3人の候補者役から1人を選んで投票します。

 (3)グループワーク・まとめ

   「選挙に参加するうえで大切なこととは何か」等について,少人数のグループに

  分かれて話し合った後,その内容を児童が発表します。

 

(参考)

 右京区学生選挙サポーター

  ○経過

    右京区役所と地域連携協定を締結している地域ゆかりの7大学*と右京区まちづくり区民会議等で連携している立命

   館大学を含めた8大学の学生により,平成23年12月に創設。 京都市内で,区選挙管理委員会と連携して一年を通して

   活動している唯一の学生啓発団体である。

    現在は,京都学園大学を含めた9大学に拡大し,学生30名が各選挙での投・開票事務や啓発活動等を通して,若者

   の投票率向上を目的に活動している。

  ○平成28年度の主な活動

   ・京都市立鳴滝総合支援学校での選挙出前授業の実施

   ・参議院議員通常選挙における啓発活動や投開票事務従事

   ・右京区民ふれあいフェスティバルなどにおけるブースの出展・模擬投票の実施・選挙や政治意識に関するアンケート

   の実施

 

*地域ゆかりの7大学

  京都外国語大学・同短期大学,京都光華女子大学・同短期大学部,京都嵯峨芸術大学・同短期大学部,花園大学

広報資料

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

お寄せいただいたご意見は,今後のホームページ運営の参考とします。

お問い合わせ先

京都市 右京区役所地域力推進室総務・防災担当

電話:庶務担当:075-861-1772,地域防災担当・調査担当・企画担当:075-861-1784

ファックス:075-872-5048