現在位置:

京都市右京区まちづくり支援制度審査委員会設置要綱

ページ番号167550

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2014年7月18日

京都市右京区まちづくり支援制度審査委員会設置要綱

(設置)

第1条 京都市右京区まちづくり支援制度(以下「支援制度」という。)について,調査し,及び審議するため,京都市補助金等の交付等に関する条例(以下「条例」という。)第26条に規定する委員会として,京都市右京区まちづくり支援制度審査委員会(以下「委員会」という。)を置く。

 

(所掌事務)

第2条 委員会は,支援制度の適正な運用を図るため,次の事項を調査,審議し,京都市右京区長(以下「区長」という。)に対して意見を具申する。

 ⑴ 補助金の交付の決定に関すること。

 ⑵ 補助金の額の確定に関すること。

 ⑶ その他補助制度の適正な運用を図るために必要な事項の決定に関すること。

 

(組織)

第3条 委員会は委員10人以内をもって組織する。

 

(委員の任期)

第4条 条例第28条第1項に規定する市長が定める期間は,委嘱の日の属する年度の末日までとする。ただし,再任を妨げない。

 

(委員長)

第5条 委員会に委員長を置く。

2 委員長は,区長が指名する。

3 委員長は,委員会を代表し,会務を総理する。

4 委員長に事故があるとき又は委員長が審査から外れるときは,予め委員長の指名する委員がその職務を代理する。

 

(招集及び議事)

第6条 委員会は,委員長が招集する。ただし,委員のうち,審査の対象にふさわしいものに限って招集することを妨げない。また,委員長及びその職務を代理する者が在任しないときの委員会は,区長が招集する。

2 委員長は,会議の議長となる。

3 委員会は,招集した委員の過半数が出席しなければ,会議を開くことができない。

4 委員会の議事は,出席した委員の過半数をもって決し,可否同数のときは,議長の決するところによる。

5 委員会は,必要があると認めるときは,委員以外の者に対して,意見の陳述,説明その他の必要な協力を求めることができる。

 

(庶務)

第7条 委員会の庶務は,右京区役所において行う。

 

(補則)

第8条 この要綱に定めるもののほか,委員会の運営に関し必要な事項は,委員長が定める。

 

附則

(施行期日)

 この要綱は,平成25年11月15日から施行する。

 

お問い合わせ先

京都市 右京区役所地域力推進室総務・防災担当

電話:庶務担当:075-861-1772,地域防災担当・調査担当・企画担当:075-861-1784

ファックス:075-872-5048