スマートフォン表示用の情報をスキップ

現在位置:

【広報資料】大原地域における「グリーンスローモビリティの体験乗車イベント」の開催について

ページ番号242463

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2018年9月7日

広報資料

平成30年9月7日

都市計画局 歩くまち京都推進室(TEL:222-3483)

大原地域における「グリーンスローモビリティの体験乗車イベント」の開催について

 京都市では,平成29年度から立ち上げた「自動運転の社会実装に向けた検討会議」における議論をきっかけとして,京都のまちの特性に応じた新たな移動サービスの導入について検討を進めており,市民参加のシンポジウムや体験乗車イベントを通じて,市民ぐるみで,まちの課題解決や魅力創出に向けた議論を進めているところです。

 この度,新たな移動サービスの検討の一環として,大原地域における「グリーンスローモビリティの体験乗車イベント」を下記のとおり開催しますので,お知らせします。

 なお,本イベントは,有人による手動運転で実施しますが,このような新たな移動サービスの検討においては,将来における自動運転技術の活用など様々な可能性を想定しながら取組を進めていきます。

 ※ グリーンスローモビリティとは,「電動で,時速20km未満で公道を走ることが可能な4人乗り以上のモビリティ」とされており,    

  地域の様々な交通課題の解決に資する低炭素型モビリティとして,国土交通省が導入を推進しています。

                                   記

 

1 日時

  平成30年9月23日(日・祝日),24日(月・振替休日)<雨天決行>

   両日とも 午前11時~午後4時(各便とも乗車は先着順)

 

2 場所

    大原地域の以下の運行拠点・停留所から御乗車いただけます。

 ○  運行拠点(京都バスの「大原バス停付近」,左京区大原来迎院町77番地)

 ○  三千院停留所(左京区大原来迎院町540番地)

 ○  寂光院停留所(左京区大原草生町676番地)

 ○  里の駅大原(左京区大原野村町1012番地)

    運行拠点,各停留所の詳細については添付ファイル「広報資料」を参照してください。

 

3 使用車両

   ヤマハモーターパワープロダクツ株式会社製の電動小型低速車 4台

 

4 主な目的

   国内外から多くの観光客が訪れる一方で,少子高齢化が進行する大原地域において,市民の生活の足として,また,観光用

 の移動手段として,電動小型低速車を走行させ,新たな移動サービスの実現イメージを体験していただき,今後の活用可能性を

 探ります。

 

5 内容

 ○ 京都バスの「大原バス停」付近を運行拠点とし,「三千院」,「寂光院」,「里の駅大原」を目的とする3つのルートを走行

  します。 

    運行ダイヤ及び走行ルートについては,添付ファイル「広報資料」を参照してください。

 ○ 御乗車の際は,運行拠点または各停車場所にお越しください。(先着順)

 ○ 無料で御乗車いただけます。(アンケート調査への御協力をお願いします)

 ○ 各ルートの所要時間は15~20分程度です。

 ○ 乗車定員は車両により3名又は5名(運転者除く)で,操作・運転は主催者側で行います。

 ○ 12歳未満の小児または幼児が乗車される場合,必ず保護者が同乗してください。

  ※ 今回の体験乗車イベントの開催に当たり,車両調達等について,公益財団法人交通エコロジー・モビリティ財団及びヤマハ

      モーターパワープロダクツ株式会社に御協力いただいております。

 

6 問合せ先

  都市計画局歩くまち京都推進室 田中,小川

  TEL:075-222-3483

 

7 参考

 ○   大原は,京都駅からバスで1時間ほどの比叡山麓に広がる静かな山里です。豊かな自然に囲まれた美しい景観, 

    三千院や寂光院をはじめとした歴史ある寺院,旬の京野菜や漬物等,たくさんの魅力があり,国内外から多くの観光

    客が訪れます。

    一方で少子高齢化が進行し,地域を次の世代に引き継いでいくことが求められています。

 ○  京都大原学院(京都市立大原小中学校)では,毎年,9年生(中学3年生)が,「大原提言」を実施しています。

    これは,地域に根付くキャリア教育の集大成として,将来の大原に向けての提言を大原住民の前で発表する取り組み

    です。平成28年度の提言において,大原地域の寺院等に向かう道が狭く,坂が多いという実態を踏まえ,何とかお

   年寄りの方や足の不自由な方にでも気楽に大原を訪れていただきたいと,観光客の増加と大原の活性化を目指した

    「電動アシスト人力車」の導入に関する提案がありました。

     今回の体験乗車イベントは,この提言と課題認識を同じくするものであり,大原地域の課題解決や魅力創出に向け 

   て,京都大原学院を含め,地域の皆様とともに連携して取り組んでいきます。

広報資料

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

お寄せいただいたご意見は,今後のホームページ運営の参考とします。

お問い合わせ先

京都市 都市計画局歩くまち京都推進室

電話:075-222-3483

ファックス:075-213-1064

フッターナビゲーション