スマートフォン表示用の情報をスキップ

現在位置:

平成30年度景観政策検証システムの実施に関する業務に係る公募型プロポーザルの選定結果について

ページ番号236523

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2018年6月19日

平成30年度景観政策検証システムの実施に関する業務に係る公募型プロポーザルの選定結果について

平成30年度景観政策検証システムの実施に関する業務に係る公募型プロポーザルを実施した結果,以下のとおり委託業者を決定しましたので,お知らせします。

参加した事業者及び評価点

特定非営利活動法人 京都景観フォーラム(評価点:74.10点/100点)

選定事業者

特定非営利活動法人 京都景観フォーラム

 

----------以下,公募時の内容----------

 平成30年度景観政策検証システムの実施に関する業務の委託に関し,公募型プロポーザル方式により受託候補者を選定するため,下記のとおり受託希望者を募集します。

1 業務の概要

⑴ 業務の目的

 本市では,平成19年9月から新景観政策を実施するとともに,継続的に政策を進化させていくために,平成22年度末に,景観政策検証システムを構築しています。

 このシステムは,「計画―実施―検証―改善のPDCAサイクル」により景観政策を持続的に検証することを目的に,(1)景観政策を検証し,その結果を「京都市景観白書」として作成して市民等に周知する仕組み,(2)市民や事業者の皆様と意見交換を行う仕組みにより構成されています。

 平成23年3月に「平成22年度京都市景観白書」を発行し,その後は掲載されているデータや写真,取組などを更新した「京都市景観白書データ集」を毎年度発行し,平成28年3月には,「平成27年度京都市景観白書」を発行している。また,平成24年3月に「平成23年度京都市景観市民会議」を開催し,平成25年度以降は毎年「京都市景観市民会議」を開催することで,市民や事業者の皆様と意見交換を実施しています。

 こうした背景を踏まえ,本業務では,「京都市景観白書データ集 ~平成30年度~」の発行と,「平成30年度京都市景観市民会議」の開催を効果的かつ的確に実施することを目的とします。

⑵ 業務の内容

(1)「京都市景観白書データ集 ~平成30年度~」の作成等

(2)「平成30年度京都市景観市民会議」の運営等

(3)業務報告書の作成

⑶ 業務の期間

委託契約日の翌日から平成31年3月29日まで

⑷ 委託費用の上限

1,240,000円(ただし,消費税及び地方消費税を含む。)

2 申込手続等

 平成30年5月7日(月曜日)午前10時から平成30年5月21日(月曜日)午後5時までに,「提案書」(第1号様式)を提出してください。

 その他申込手続等の詳細については,「提案書作成等説明書」及び「業務委託仕様書」を参照してください。

3 受託候補者の選定について

 受託候補者の選定は,受託希望者から提出された提案書の内容に基づき,京都市都市計画局都市景観部内に設置する受託候補者選定委員会が行います。

 受託候補者選定委員会が必要と認めた場合は,受託希望者に対してヒアリングを実施することがあります。また,本業務を実施し得る能力に満たないと判断した場合,受託候補者を選定しないことがあります。

 評価項目等の詳細は別添の受託候補者選定実施要領を御参照ください。

平成30年度景観政策検証システムの実施に関する業務受託候補者選定に係る関係書類一式

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

お問い合わせ先

京都市 都市計画局都市景観部景観政策課

電話:(1)075-222-3397,(2)075-222-3474

ファックス:(1)075-222-3472,(2)075-213-0461

フッターナビゲーション