スマートフォン表示用の情報をスキップ

現在位置:

「新景観政策10年 総括シンポジウム」の開催について(参加申込延長)

ページ番号229116

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2017年12月4日

「新景観政策10年 総括シンポジウム」の開催について(参加申込延長)

 京都市では,50年後,100年後も京都が京都であり続けるため,平成19年9月から,建物の高さ規制やデザイン規制,屋外広告物の規制等を全市的に見直した「新景観政策」を実施しております。

 今年度,「新景観政策」の実施から10年を迎えることから,「新景観政策」10周年記念事業として,特別鼎談や連続講座等の各種事業を実施しております。

 各記念事業の締めくくりとして,様々な分野の有識者によるパネルディスカッションを中心としたシンポジウムを開催し,市民の皆様や事業者,関係団体の方々と,政策の趣旨や成果を改めて確認するとともに,時代の変化に応じた今後の政策の展開について議論を深めます。

 つきましては,下記のとおり参加者を募集しますのでお知らせします。

1 記念事業の共通テーマ

 新景観政策10年 

 京都から考える これからの歴史・文化・創造都市

2 「新景観政策10年 総括シンポジウム」の開催について

(1) 概要

 一連の記念事業の議論を踏まえ,様々な分野の有識者によるパネルディスカッションを中心としたシンポジウムを開催します。

(2) 開催日時

 平成29年12月9日(土曜日)午後2時~午後4時30分

 (開場 午後1時30分)

(3) 開催場所(案内図参照)

 京都府立京都学・歴彩館 大ホール

 (住所) 京都市左京区下鴨半木町1-29

(4) 内容

 ア これまでの記念事業について

    講演:門内 輝行 氏(大阪芸術大学教授,京都大学名誉教授)

 イ パネルディスカッション

    パネリスト:金田 章裕 氏

           (京都府立京都学・歴彩館館長,京都大学名誉教授)

           佐々木 雅幸 氏

           (文化庁地域文化創生本部主任研究官,

                         同志社大学経済学部特別客員教授,大阪市立大学名誉教授)

           鈴鹿 可奈子 氏

           (聖護院八ッ橋総本店専務取締役,京都市「DO YOU KYOTO?」大使)

           鈴木 順也 氏

                       (一般社団法人京都経済同友会代表幹事,

            NISSHA株式会社代表取締役社長  兼  最高経営責任者)

    コーディネーター:

            門内 輝行 氏

(5) 定員

 450名(入場無料),事前申込(先着順)

(6) 申込方法等

ア 申込期間 

  平成29年12月5日からは京都市景観政策課で申込みを受付けます。

  電話,FAX又は電子メールでお申込みください。

 お申し込みの際には,氏名(ふりがな),電話番号,同伴者の人数をお伝えください。

  なお,当日座席に余裕がある場合は,当日申込も受付けます。 

イ 申込先

  【京都市景観政策課】

  電話:075-222-3397

  FAX:075-222-3472

  Eメール:keikan@city.kyoto.lg.jp


(会場案内図)

 (交通) 交通案内

        地下鉄烏丸線「北山駅」下車 徒歩4分

    市バス4,北8系統「北山駅前」下車 徒歩4分

    京都バス45,46系統「前萩町」下車 徒歩4分

    市バス1,204,205,206,北8系統,

    京都バス32,34,35,45,46系統「府立大学前」下車 徒歩6分

     ※御来場の際は,公共交通機関を御利用ください。


チラシ(表面)


チラシ(裏面)

お知らせ

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

お問い合わせ先

京都市 都市計画局都市景観部景観政策課

電話:(1)075-222-3397,(2)075-222-3474

ファックス:(1)075-222-3472,(2)075-213-0461

フッターナビゲーション