スマートフォン表示用の情報をスキップ

現在位置:

【広報資料】京都市景観シンポジウム「新景観政策の更なる進化」の開催について

ページ番号226883

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2018年11月14日

広報資料

平成30年11月14日

都市計画局(担当 都市景観部景観政策課 222-3397)

京都市景観シンポジウム「新景観政策の更なる進化」の開催について

 平成19年9月から建物の高さ規制やデザイン規制,屋外広告物の規制等を全面的に見直した「新景観政策」は,策定当初から時代と共に刷新を続ける「進化する政策」であることが求められています。京都市では,本年7月に「京都市新景観政策の更なる進化検討委員会」を設置し,文化庁の移転を契機とした文化を基軸としたまちづくりの推進,人口減少や高齢化の進行を見据えた持続可能な都市の構築などの新たな社会経済情勢の変化を勘案し,「新景観政策の更なる進化」の検討を進めています。

 この度,「新景観政策の更なる進化」の議論をより深めるため,下記のとおりシンポジウムを開催しますのでお知らせします。

 

1 開催日時

  平成30年12月22日(土曜日)午後2時~午後5時(開場 午後1時30分)

 

2 開催場所

 キャンパスプラザ京都 4階 第3講義室

(住所)京都市下京区西洞院通塩小路下る東塩小路町939

(交通)京都市営地下鉄烏丸線,近鉄京都線,JR各線「京都駅」下車 徒歩5分

   ※御来場の際は,公共交通機関を御利用ください。

 

3 内容

(1)基調講演

・基調講演1 持続可能な都市のデザイン

        川﨑 雅史 氏 京都大学大学院教授

                   京都市都市計画審議会 持続可能な都市検討部会部会長

・基調講演2 新景観政策の更なる進化

        門内 輝行 氏 京都大学名誉教授,大阪芸術大学教授

                   京都市美観風致審議会会長

                   京都市新景観政策の更なる進化検討委員会委員長

(2)パネルディスカッション

・パネリスト

川﨑 雅史 氏

河島 伸子 氏 同志社大学教授(文化政策論)

中嶋 節子 氏 京都大学大学院教授(都市史・建築史)

畑 正高 氏 一般社団法人京都経済同友会 景観委員会委員長

         株式会社 松栄堂 代表取締役社長

・コーディネーター

門内 輝行 氏

 

4 定員

  170名(入場無料),事前申込み要(先着順)

 

5 申込方法等

(1)申込期間

電話,FAX又は電子メールで平成30年11月15日(木曜日)から平成30年12月19日(水曜日)までに,京都いつでもコール(京都市市政情報総合案内コールセンター)にお申し込みください。

お申込みの際には,氏名(ふりがな),電話番号をお伝えください。

(2)申込先

【京都いつでもコール】

  電 話:075-661-3755(皆(みな)ここ)

  FAX:075-661-5855(御用(ごよう)はここ)

  Eメール:ホームページの送信フォームを御利用ください

     http://www.city.kyoto.lg.jp/menu5/category/72-9-2-0-0-0-0-0-0-0.html

 

広報資料

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

お問い合わせ先

京都市 都市計画局都市景観部景観政策課

電話:(1)075-222-3397,(2)075-222-3474

ファックス:(1)075-222-3472,(2)075-213-0461

フッターナビゲーション