現在位置:

Wi-Fiパケットセンサーによる歩行者流動調査の実施について

ページ番号225789

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2017年9月21日

Wi-Fiパケットセンサーによる歩行者流動調査の実施について

 京都市では,多くの市民・来訪者が訪れる東大路通(東山三条~東福寺)及びその周辺において,安心・安全で快適な歩行空間の創出に向けた取組を進めています。

 本事業の中で,「回遊性及び案内誘導の向上による歩行者の分散」に向けた検討を進めており,その基礎資料を収集するため,Wi-Fiパケットセンサーを用いた歩行者流動調査を実施します。

1.調査方法

 Wi-Fi機能をオンにしたスマートフォンやタブレット等の通信機が発する情報(Wi-Fiパケット)を受信し,調査範囲内に約20基設置したWi-Fiパケットセンサーが通信機の台数をカウントします。Wi-Fiパケットセンサ―設置箇所には,以下の掲示を行っています。

※詳細は「Wi-Fiパケットセンサ―による歩行者流動調査について」を御参照ください。


2.観測データとその取扱い

 本調査は通信内容を取得するものではありません。また名前・電話番号・メールアドレスなどの個人情報を取得することもありませんが,本調査で得られた観測データは個人情報に準じた取り扱いを行います。

※詳細は「Wi-Fiパケットセンサーを用いた歩行者流動調査におけるプライバシーポリシー」を御参照ください。

お問い合わせ先

京都市 都市計画局歩くまち京都推進室

電話:075-222-3483

ファックス:075-213-1064