現在位置:

新景観政策10年!特別鼎談の実施について

ページ番号225096

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2017年9月1日

新景観政策10年!特別鼎談の実施について


 京都市では,50年後,100年後も京都が京都であり続けるため,平成19年9月から,建物の高さ規制やデザイン規制,屋外広告物の規制等を全市的に見直した「新景観政策」を実施しております。

 今年度,「新景観政策」の実施から10年を迎えることから,「新景観政策」10周年記念事業として,特別鼎談や連続講座,シンポジウム等の各種事業を実施し,市民の皆様や事業者,関係団体の方々と,政策の趣旨や成果を改めて確認するとともに,時代の変化に応じた今後の政策の展開について議論を深めてまいります。

 一連の記念事業のキックオフとして,下記のとおり特別鼎談を開催し,参加者を募集しますのでお知らせします。

1 記念事業の共通テーマ

新景観政策10年 

京都から考える これからの歴史・文化・創造都市

2 「新景観政策10年 特別鼎談」の開催について

(1) 概要

 一連の記念事業のキックオフとして,特別鼎談を開催します。

(2) 開催日時

 平成29年9月10日(日曜日)午後2時~午後5時(開場 午後1時30分)

(3) 開催場所(案内図参照)

 立命館大学朱雀キャンパス大講義室(ホール)

 

   (住所) 京都市中京区西ノ京朱雀町1

   (交通) 交通案内

         JR・地下鉄東西線「二条駅」下車徒歩約2分

     阪急「大宮駅」下車徒歩約10分

     ※会場には,駐車・駐輪場がございません。御来場の際は,公共交通機関を御利用ください。

(4) 内容

 ア 基調講演

    講師:鷲田 清一 氏(京都市立芸術大学学長)

 イ 基調報告

    報告者:門内 輝行 氏(大阪芸術大学教授,京都大学名誉教授)

 ウ 鼎談

    鼎談者:鷲田清一氏×門内輝行氏×門川大作京都市長

(5) 定員

 450名(入場無料),事前申込(先着順)

(6) 申込方法等

ア 申込期間

 平成29年9月1日からは京都市景観政策課で申込みを受付けます。

 電話,FAX又は電子メールでお申込みください。

 お申し込みの際には,氏名(ふりがな),電話番号,同伴者の人数(2名まで)をお伝えください。

  なお,当日座席に余裕がある場合は,当日申込も受付けます。

イ 申込先

 【京都市景観政策課】

 電話:075-222-3397

 FAX:075-222-3472

 Eメール:keikan@city.kyoto.lg.jp


会場案内図

広報資料

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

お問い合わせ先

京都市 都市計画局都市景観部景観政策課

電話:(1)075-222-3397,(2)075-222-3474

ファックス:(1)075-222-3472,(2)075-213-0461