現在位置:

【広報資料】京都駅周辺地域における避難誘導図上訓練の実施について

ページ番号212327

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2016年12月13日

広報資料

平成28年12月13日

都市計画局 まち再生・創造推進室(TEL:222-3503)

京都駅周辺地域における避難誘導図上訓練の実施について

 市内最大のターミナルである京都駅周辺における帰宅困難者対策の取組を進めるため,平成25年12月に策定した「京都駅周辺地域都市再生安全確保計画」に基づく地域合同訓練として,図上訓練を実施します

 今回の訓練では,京都駅周辺地域都市再生緊急整備協議会が,平成28年3月に作成した「京都駅周辺地域避難誘導マニュアル」の検証も兼ねて,その手順に沿って,都市再生安全確保計画構成員を中心に各事業者間での連携,PHSを活用した情報伝達等,京都駅周辺地域の観光客をはじめとした滞在者を安全に誘導するプロセスを図上で訓練します。

 

1 訓練の日時及び場所

⑴ 日時:平成28年12月16日(金曜日)午後2時半~午後5時

⑵ 場所:キャンパスプラザ京都 2階ホール  (京都市営地下鉄烏丸線、近鉄京都線、JR各線「京都駅」下車徒歩5分)

     下記案内図参照  

2 訓練参加者

 約80名

 京都駅周辺地域都市再生緊急整備協議会 都市再生安全確保計画部会員等

 別紙参照

都市再生安全確保計画部会員名簿

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

3 訓練想定

 平日の午後2時45分,花折断層を震源として,震度6強規模の大地震が発生し,公共交通機関の停止などの影響により,京都駅周辺地域に多数の帰宅困難者等が発生。

4 訓練内容

 京都駅周辺を4つのエリア(駅構内,駅北西,駅北東,駅南部)に分け,PHSを活用するなど実際に即した形で,各事業者の対策,情報伝達・収集,避難誘導方法等を図上で訓練する。

 ⑴ 発災直後から一時滞在施設の開設,帰宅困難者誘導等の図上訓練

 ⑵ 訓練振り返り,意見交換

 

 

5 その他

(1)訓練は公開とし,見学者席を設けます(先着5名まで)。

   受付は当日午後2時から開始しますので,直接会場にお越しください。

(2)報道機関の方には,別途座席を設けます。

広報資料

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

お問い合わせ先

京都市 都市計画局まち再生・創造推進室

電話:075-222-3503

ファックス:075-222-3478