現在位置:

歴史的景観の保全に関する景観政策の充実事業

ページ番号211469

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2017年8月21日

事業概要

 平成26年度から京都の景観上重要な世界遺産をはじめとする寺社等とその周辺の景観に関する総点検として,「歴史的景観の保全に関する検証事業」を実施し,特に寺社や離宮,歴史的町並みなどの「歴史的資産」と,参道や門前などの周辺の町並みとが一体となっている歴史的景観の保全について,学識者等による「歴史的景観の保全に関する検討会」での,意見聴取等を行いながら,必要な措置の検討を進めています。

「歴史的景観の保全に関する具体的施策(素案)」について

 歴史都市・京都には,世界遺産をはじめとした寺社や御苑,庭園,歴史的な町並みなどの貴重な歴史的資産が数多く存在しています。これらが形づくる貴重な歴史的景観は,地域特有の歴史や文化と一体となって,市民や事業者,歴史的資産の所有者の皆様の御理解と御尽力のもと継承されてきた京都の宝です。
 しかしながら一方で,近年,市内の歴史的景観を構成する重要な寺社やその周辺の一部で,景観に影響を与えかねない事例が発生しています。
 そこで,今後も,貴重な歴史的景観を未来へ継承するため,平成26年度に,世界遺産をはじめとする寺社等とその周辺の景観に関する総点検を行うとともに,平成28年12月には,「歴史的景観の保全に関する取組方針」を策定し,歴史的景観の保全策について,学識経験者や宗教関係,経済界等で構成された検討会で議論を重ねてきました。
 「新景観政策」の施行から10周年を迎え, 全国をリードしてきた政策をさらに進化させる第一歩として,「歴史的景観の保全に関する具体的施策(素案)」を取りまとめました。

市長記者会見(平成29年7月5日)

 「具体的施策(素案)」について,市長記者会見を行いました。

市民意見募集の実施(平成29年7月10日~8月17日)

平成28年度の取組

市民意見募集などの実施

 平成28年度は,平成27年度に取りまとめた「歴史的景観の保全に関する取組方針(案)」について,市民の皆様からの御意見を募集するとともに,「守っていきたい歴史的景観」として,提案募集を実施しました。

 また,景観政策に対する市民の皆様からの御意見を頂戴する場として,「京都市景観市民会議」を平成23年度から開催しております。今年度は,会議テーマを「歴史的景観の保全」に設定し,市民意見募集期間に併せて,市民,寺社等の関係者,建築等の専門家の皆様と意見交換等を実施しました。

市民意見募集及び提案募集の実施(平成28年8月23日~9月30日)

景観市民会議の開催(平成28年8月28日)

  • 「平成28年度京都市景観市民会議」の開催結果について

    京都市からの「歴史的景観の保全に関する取組方針(案)」の報告や有識者からの話題提供,市民公募委員や有識者によるワークショップを通じて,歴史的景観の保全策等について考えました。会議の詳細などについてはこちらをご覧ください。

「歴史的景観の保全に関する取組方針」の策定(平成28年12月)

 市民の皆様からお寄せいただいた御意見等を踏まえ,今後の取り組むべき方針や実効性のある具体的方策を示す「歴史的景観の保全に関する取組方針」を策定しました。

歴史的景観の保全に関する取組方針

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

歴史的景観の保全に関する検討会の開催

過去の事業内容(歴史的景観の保全に関する検証事業)

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

お寄せいただいたご意見は,今後のホームページ運営の参考とします。

お問い合わせ先

京都市 都市計画局都市景観部景観政策課

電話:(1)075-222-3397,(2)075-222-3474

ファックス:(1)075-222-3472,(2)075-213-0461