現在位置:

平成27年度 京都市歴史的風致維持向上計画の進行管理・評価について

ページ番号202744

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2016年7月14日

 「進行管理・評価」制度は,地域における歴史的風致の維持及び向上に関する法律に基づき,認定された歴史的風致維持向上計画について,計画に位置付けた方針の達成及び課題の改善の着実な進展を図ることを目的として,国において創設されたものです。

 この制度に基づき,平成27年度の取組の進捗を評価しましたので公表いたします。

(参考)「進行管理・評価」制度の概要

 進行管理・評価には,進捗評価(毎年度実施)と総括評価(3年毎に実施)の2通りの評価方法があります。
進行管理・評価制度の概要

■計画の方針■(維持向上計画 第3章)

京都固有の歴史的風致を維持及び向上させるための7つの基本方針。

 ア 歴史的建造物を守り育て,活かしたまちづくりを推進する。

 イ 歴史都市・京都にふさわしい風情や品格のあるまちづくりを推進する。

 ウ 地域力によるまちづくりを推進する。

 エ 自然と共生し,「木の文化」を大切にするまちづくりを推進する。

 オ 人が主役の歩いて楽しいまちづくりを推進する。

 カ 文化芸術を活かしたまちづくりを推進する。

 キ 伝統産業を活かしたまちづくりを推進する。

お問い合わせ先

京都市 都市計画局都市景観部景観政策課

電話:(1)075-222-3397,(2)075-222-3474

ファックス:(1)075-222-3472,(2)075-213-0461