スマートフォン表示用の情報をスキップ

参考図1 眺望空間保全地域別図(抜粋)

ページ番号195555

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2018年7月20日

参考図1 眺望空間保全地域別図(抜粋)

京都市眺望景観創生条例等の改正について(平成30年3月29日改正)

 1)境内地周辺の道路等を視点場として定義,2)優れた眺めを守るべき場所としての「視点場」を11箇所追加,3)事前協議(景観デザインレビュー)制度の創設等にあたり必要な事項を定めるため,京都市眺望景観創生条例等を改正しました。

 平成30年10月1日以降の区域指定及び基準については, 告示(基準)及び「歴史的景観の保全に関する景観政策の充実事業」の「告示 別図一覧」を必ずご覧ください。

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

お寄せいただいたご意見は,今後のホームページ運営の参考とします。

お問い合わせ先

都市計画局 都市景観部 景観政策課 都市デザイン担当
電話: 075-222-3474 ファックス: 075-213-0461

フッターナビゲーション