現在位置:

【広報資料】「京都×空き家活用×まちづくり」イベントの開催について

ページ番号190983

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2016年1月7日

「京都×空き家活用×まちづくり」~生み出す 引き出す 空き家活用の可能性~の開催について


 空き家の増加は,地域の防災や防犯,生活環境,景観などに悪影響を及ぼし,さらにはまちの活力の低下につながるなど,地域のまちづくりを進めるうえで大きな課題となっています。一方で,空き家は活用することで,住まいのみならず,まちづくりの資源として再生する可能性を秘めています。

 この度,京都市では,京都の強みである地域力を活かした空き家活用を促進するため,空き家所有者の方をはじめ,空き家を活用したまちづくりに興味がある方などを対象とした普及・啓発イベントを,下記のとおり実施しますので,お知らせします。

「京都×空き家活用×まちづくり」~生み出す 引き出す 空き家活用の可能性~

(1)開催日時

   平成28年1月16日 土曜日 午後2時~4時半 (受付:午後1時半~)

(2)内容  

  前半の部:倉石 智典氏(※1)による講演会

         講演テーマ:「空き家」の未来をデザインする

                 ~新しいまちのカタチとかかわり~

  後半の部:トークセッション 

                       トークセッションテーマ:京都ならではの「空き家活用×まちづくり」

       (登壇者:倉石 智典氏,大島 祥子氏,魚谷 繁礼氏,前田 昌弘氏)

 (※1)倉石 智典(株式会社MYROOM代表)

  1973年長野県長野市生まれ。観光業,都市計画業,不動産業,建設業を経て,2010年に現在の会社を設立。空き家の仲介やリノベーションを専門とする。長野では「門前暮らしのすすめ」と題して,毎月「空き家見学会」を開催。県内外から参加者が訪れ,まち歩きをしながら空き家を案内している。まちなかの空き家をリノベーションして,新しい利用者とマッチングし,まちに賑わいをつくっている。

(3)会場

  ひと・まち交流館 京都 2階 大会議室

  京都市下京区西木屋町通上ノ口上る梅湊町83番地の1

  <市バス4,17,205号系統「河原町正面」下車,地下鉄烏丸線「五条」下車 徒歩10分>

   ※御来場は公共交通機関を御利用ください。

(4)対象

   どなたでも御参加いただけます。

(5)定員

   先着 120名

3 申込み

下記までお申し込みください。

 お申込みの際は,催し名,電話番号,代表者の氏名(同伴者のいる場合は合計の人数),をお伝えください。

(ア)申込期間  平成27年12月10日(木曜日)~平成28年1月6日(水曜日)まで (必着)

(イ)申込先     京都いつでもコール

            電 話 075-661-3755

            FAX  075-661-5855

            (お掛け間違いに御注意ください。)

             Eメール 下記ホームページの送信フォームを御利用ください。

             http://www.city.kyoto.lg.jp/sogo/page/0000012821.html 

広報発表資料等

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

4 問合せ先 

京都市都市計画局 まち再生・創造推進室(空き家活用担当)

電話:075-222-3503

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

お寄せいただいたご意見は,今後のホームページ運営の参考とします。

お問い合わせ先

京都市 都市計画局まち再生・創造推進室

電話:075-222-3503

ファックス:075-222-3478