現在位置:

先斗町デザイン集「このまちのしつらえ」

ページ番号180652

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2015年4月1日

先斗町デザイン集「このまちのしつらえ」

 本市では,まとまりある町並み景観を示している先斗町地域を保全・再生するため,平成27年4月1日から,先斗町地域を「界わい景観整備地区」に指定し,地域特性に応じたきめ細かなデザイン規制を実施します。

 この度,平成27年4月1日から適用する新たなデザイン基準を分かりやすくまとめた「先斗町デザイン集「このまちのしつらえ」」を先斗町まちづくり協議会と協働で作成し,発行いたします。

1 主旨

「先斗町界わい景観整備地区」のデザイン基準を分かりやすく手引書としてまとめたもの

2 構成

ア 先斗町界わい景観整備地区について

  「界わい景観整備地区」の制度概要,整備に関する計画をまとめた「界わい景観整備計画」及び「デザイン基準(建築物と工作物の形態意匠の制限)」を掲載

イ まちの成り立ちと先斗町の町並み

  先斗町の歴史や,先斗町通や鴨川に面した町並みと建物の特徴を解説

ウ 外観細部意匠(先斗町界わい景観整備地区(先斗町通地区) 形態意匠の制限の解説)

  平成27年4月1日から適用する新たな「デザイン基準」の内容を具体的な事例や写真を交えながら分かりやすく解説

エ 事例写真

  地区内の景観上重要な建造物や,特色ある意匠を構成する格子戸や出格子等の事例写真を掲載

3 発行年月日

平成27年4月1日(本市ホームページで公開)

 

※ 先斗町まちづくり協議会とは

 平成21年立誠自治連合会のまちづくり委員会のもとにつくられた「先斗町の将来を考える集い」が前身となり,平成23年10月に先斗町の七つの町内会によって設立された組織。路上喫煙や屋外広告物に関する自主規制である「先斗町町式目」を定め,まちづくりに取り組まれている。

 また,平成24年6月には,京都市市街地景観整備条例に基づく「地域景観づくり協議会」として市が認定。先斗町地域内で建築等をしようとする事業者等は,景観関係の諸手続の前に協議会との意見交換が必要。

 

【先斗町デザイン集「このまちのしつらえ」】(平成27年4月1日新規作成) 

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

お寄せいただいたご意見は,今後のホームページ運営の参考とします。

お問い合わせ先

京都市 都市計画局都市景観部景観政策課

電話:(1)075-222-3397,(2)075-222-3474

ファックス:(1)075-222-3472,(2)075-213-0461