現在位置:

「先斗町界わい景観整備地区」の概要について(平成27年4月1日施行)

ページ番号177786

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2017年7月6日

「先斗町界わい景観整備地区」の概要について(平成27年4月1日施行)

 本市では,まとまりある町並み景観を示している先斗町地域の保全・再生をするために,平成25年度に「先斗町町並み調査」を実施し,京都市市街地景観整備条例に基づく「界わい景観整備地区」の指定に向けた取組を行ってまいりました。

 この度,平成27年4月1日から,先斗町地域を「先斗町界わい景観整備地区」に指定することとなりましたので,制度の概要をお知らせいたします。

 上記の指定に伴い,先斗町地域の建築物のデザインに関する基準等を変更します。

「界わい景観整備地区」とは

  • 界わい景観整備地区とは,地域色豊かな賑わいのある景観がまとまって形成されている地域で,市街地景観の整備を図る必要がある地域を指定するものです。現在,伏見南浜や上賀茂郷,千両ケ辻等,計7地区を指定しており,先斗町が8地区目になります。
  • 界わい景観整備地区内において,地域の景観を特色付ける建築物等が連なっている地域等を「重要界わい景観整備地域」に指定します。また,地区の景観を特色付けている建築物を,その所有者の同意を経て,「界わい景観建造物」に指定します。
  • 「重要界わい景観整備地域」では,地域特性に応じてよりきめ細やかなデザイン規制が実施されます。
  • 「重要界わい景観整備地域」内の建造物と,「界わい景観建造物」の外観に係る修理・修景工事費用の一部を市が助成します。
  • 界わい景観建造物又は重要界わい景観整備地域内にある建造物をやむを得ず除却する場合は,除却に着手する30日前までに市への届出が必要です。

「先斗町界わい景観整備地区」の範囲

  • 東:鴨川の河川界
  • 西:先斗町通の道路界から西に20m
  • 南:四条通の道路界
  • 北:通称龍馬通の道路界から北に20m

  に囲まれた範囲。

  また,「先斗町界わい景観整備地区」内のうち,先斗町通沿いの地区を「先斗町通地区」,先斗町通に面していない地区を「一般地区」に区分します。

  先斗町公園以南を,道路の両側に伝統的な建造物が多く残る景観上重要な地域として「重要界わい景観整備地域」に指定します。

「先斗町界わい景観整備地区」の概要

景観特性や建築物等の新たなデザイン基準等は以下のリーフレットを御覧ください。

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

お寄せいただいたご意見は,今後のホームページ運営の参考とします。

お問い合わせ先

京都市 都市計画局都市景観部景観政策課

電話:(1)075-222-3397,(2)075-222-3474

ファックス:(1)075-222-3472,(2)075-213-0461