現在位置:

太陽光パネルの景観規制の概要

ページ番号160113

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2013年12月13日

太陽光パネルの景観に関する基準及び手続について

 「京都議定書」誕生の地である京都市では,「持続可能な低炭素社会」を目指し,平成15年度に住宅用太陽光発電システムの設置助成制度を創設するなど,太陽エネルギーの利用拡大を進めてきたところです。

 一方,50年後100年後も京都が京都であるために,平成19年9月から新景観政策を実施し,屋根の景観を重要な要素と位置付け,太陽光パネルについても設置基準を定めています。

景観規制の改訂等について(平成25年12月)

太陽エネルギーの更なる利用拡大に向けた太陽光パネルの景観に関する運用基準を改訂しました。

  1.太陽光パネルの設置に関する規制エリアの分類の簡素化

  2.太陽光パネルの製品開発の動向を踏まえた設置基準の整理

  3.太陽光パネルの色彩基準について,黒と濃い灰色,濃い紺色の3色に統一

太陽光パネルの設置に関する規制エリアを色分けした地図と基準の概要はこちらをご覧ください

太陽光パネルの景観に関する運用基準の概要

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

太陽光パネルを設置する前には景観手続が必要です

  1. まず,設置される場所の景観規制区域がどこなのかを調べて,どんなエリアに該当しているか確認してください。                                                                       
  2. 次に,どんな規制がかかるのかを調べてください。(設置する建築物の高さや面積によって手続・規制が異なるエリアもあります)
  3. 景観規制区域によって必要な手続や書類が異なります。
景観手続の窓口及び問い合わせ先について
 美観地区・美観形成地区,建造物修景地区 都市計画局 都市景観部 景観政策課 都市デザイン担当(075-222-3474) 
 風致地区,歴史的風土特別保存地区 都市計画局 都市景観部 風致保全課(075-222-3475)

伝統的建造物群保存地区

 都市計画局 都市景観部 景観政策課(075-222-3397)
 眺望空間保全区域,近景デザイン保全区域,遠景デザイン保全区域

都市計画局 都市景観部 景観政策課 都市デザイン担当(075-222-3474)

都市計画局 都市景観部 風致保全課(075-222-3475)

 地域景観づくり協議地区 都市計画局 都市景観部 景観政策課(075-222-3397)

景観規制区域の確認

都市計画地図」を用いて,太陽光パネルを設置する場所がどこの地区・区域に該当しているのかを確認してください。

(調べ方)※住所から調べる場合

「同意する」をクリック→「町名から探す」をクリック→調べたい町名を検索→凡例の「景観保全」と「眺望景観」をクリックし,規制区域を確認

○景観規制区域外に設置する場合(どちらの画面にも全く着色がない場合)

 太陽光パネルの基準の制限はありません。景観手続きは不要です。

○景観規制区域に設置する場合

 フローチャートに基づき景観手続の有無を確認してください。

フローチャート

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

地域景観づくり協議地区内の場合

地域景観づくり協議地区内において,太陽光パネルを設置する場合は,景観申請の手続きの前に地域の協議会との意見交換が必要となります。

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

お寄せいただいたご意見は,今後のホームページ運営の参考とします。

お問い合わせ先

都市計画局 都市景観部 景観政策課 都市デザイン担当
電話:075-222-3474
ファックス:075-213-0461
都市計画局 都市景観部 風致保全課
電話:075-222-3475
ファックス:075-213-0461