スマートフォン表示用の情報をスキップ

現在位置:

京都市環境配慮建築物顕彰制度 第1回「京(みやこ)環境配慮建築物」について

ページ番号136421

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2018年7月11日

制度の概要

受賞建築物

最優秀賞 

 龍谷大学 龍谷ミュージアム

優秀賞 

 戸建住宅新築部門   南禅寺の家

 一般建築物改修部門 京都市立朱雀第四小学校

 戸建住宅改修部門   紫竹西南町の住宅_日射し(庇)の家

特別賞

 凌風学園

最優秀賞 龍谷大学 龍谷ミュージアム


  • 所在地:下京区
  • 建築主:学校法人龍谷大学
  • 設計者:株式会社日建設計
  • 主な環境配慮事項

   ○格子状ルーバーとコンクリート躯体との間でダブルスキンの効果を得ることによる空調負荷の軽減

   ○一般に開放された敷地内の通り抜け通路及び中庭による地域貢献

   ○敷地内通り抜け通路での打ち水装置

   ○フロアに設けられたスリットからの電源の提供や,空調吹き出し等の工夫

戸建住宅新築部門 優秀賞 南禅寺の家 


  • 所在地:左京区
  • 建築主:加藤雅子
  • 設計者:トヨダヤスシ建築設計事務所
  • 施工者:株式会社ツキデ工務店
  • 主な環境配慮事項

   ○深い軒庇による外壁の保護

   ○間取りの可変性や設備の更新性による長寿命化

   ○地域産木材,古材の活用,土塗り壁等の自然素材の積極利用

   ○近隣住宅の樹木と連続した庭造り

   ○平成の京町家認定

一般建築物改修部門 優秀賞 京都市立朱雀第四小学校


  • 所在地:中京区
  • 建築主:京都市
  • 設計者:株式会社東畑建築事務所
  • 主な環境配慮事項

   ○既存校舎を連絡する渡り廊下を改修する際に,一体的に環境調整空間を整備

   ○自然風を感じ取って自動開閉する窓を備えた吹き抜け空間,建具を開け放つことで外部空間と一体となるホール,外壁や窓を保護する深い軒先

   ○中庭を「いのちの庭」として整備し,地域住民やPTAも運用に関わって,地域コミュニティの場としても活用

   ○エコモニターの設置や雨水貯水槽の覗き窓等,エコ改修をエコ学習に活用

戸建住宅改修部門 優秀賞 紫竹西南町の住宅_日射し(庇)の家


  • 所在地:北区
  • 建築主:株式会社八清
  • 設計者:魚谷繁礼建築研究所
  • 主な環境配慮事項

   ○袋路奥の老朽化した建物を改修することにより,保存・再生のモデルを示すとともに,まちなみ・地割などを継承

   ○周辺の立地条件を踏まえて,通り土間や吹き抜け,ハイサイドライト,トップライト等の設置による自然環境の取り込み

   ○古材,建具,畳等の再利用による環境負荷の低減

一般建築物新築部門 特別賞 凌風学園


  • 所在地:南区
  • 建築主:京都市
  • 設計・施工:鹿島・鉄建・北和・きんでん・新菱冷熱特定工事共同企業体
  • 主な環境配慮事項

   ○建物四周に勾配屋根,体育館外壁の格子設置による,周辺景観との調和

   ○京都市内産木材及びその他の木材を,地域交流ルームや共用スペースに積極的に利用

   ○光と風の庭(エコボイド)による共用部への昼光利用や通風の確保

表彰式の模様

 平成25年1月22日に京都市役所において,表彰式が行われ,京都市長から各受賞建築物の関係者の皆様に表彰状と記念プレートが贈られました。


募集要項・応募用紙

(注)ファイルのダウンロードがうまくいかない場合は,右クリックによりファイルをデスクトップ等へ保存してからご覧ください。

広報資料

お問い合わせ先

京都市 都市計画局建築指導部建築審査課

電話:075-222-3616

ファックス:075-212-3657

フッターナビゲーション