現在位置:

京都市屋外広告物等に関する条例及び同施行規則の一部改正について

ページ番号118544

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2012年4月3日

京都市屋外広告物等に関する条例及び同施行規則の一部改正について

 民法の一部改正により,未成年後見人に法人を選任することができることとなることに伴い,未成年である申請者の法定代理人が法人である場合における屋外広告業の登録の要件及び申請書の記載事項を定めました。この改正は,平成24年4月1日から施行されます。

 1 申請書の記載事項
 屋外広告業の登録の申請にあたり,法定代理人が法人である場合には,その名称及び代表者その他の役員の氏名並びに主たる事務所の所在地を申請書に記載することとしました。

 2 登録の要件
 屋外広告業の登録の要件として,法定代理人が欠格要件に該当しないことに加え,法定代理人が法人である場合は,その役員のうちに欠格要件に該当する者がいないこととしました。

 屋外広告業登録制度についてはこちらを御覧ください。